平成28年4月に障害者差別解消法が施行されたことにより、障害を理由とする不当な差別的取扱いの禁止や合理的配慮の提供が、法的に義務ないし努力義務とされました。大学等でも一定の取組が求められるという背景を踏まえ、平成29年3月に文部科学省がとりまとめた「障害のある学生の修学支援に関する検討報告(第二次まとめ)」などでも課題とされている専門的なテーマ等について3回に分け、関係機関等と共にセミナーを開催し、修学支援体制の充実・強化を図ります。