本コンテンツの著作権は執筆者、各情報提供者及び日本学生支援機構に帰属します。内容の無断転載は固くお断りいたします。
閲覧いただく前に、合理的配慮ハンドブックトップページの「御利用に当たっての注意事項」をお読みください。

入学試験

大学等への進学に当たっては、何らかの形式で入学考査が行なわれます。この場合も、障害等の状況に応じて支援が必要になることがあるでしょう。ただし、入学考査の方法・内容は、各機関によって個別的かつ多様化しているのが現状です。いずれにしても、受験希望者や高等学校等に対して、積極的な情報公開や相談窓口の明示などが必要になります。

高大連携

多くの進学希望者と同様に、障害のある進学希望者にとっても大学等の状況を的確に把握することは、志望する大学等の決定において重要な情報となります。そのため、一般的に公開している大学等の情報を様々なニーズのある進学希望者がアクセスできる状況にしておくことが必要です。また、オープンキャンパスや説明会等においても、必要な配慮の受付や実施が求められるでしょう。また、障害のある進学希望者にとっては、志望する大学等の障害学生支援の状況は重要な判断材料であることから、事前に相談等を行なうことは有効な情報源となります。

更に、障害のある学生の入学に当たっては、それまでの教育機関における支援の状況について、個別の教育支援計画等の支援に関する資料やヒアリングにより収集し、スムーズかつ効果的な支援を実施することが求められます。ただし、高等学校等と大学等における教育の方法や内容、教育環境の違い等により、支援の方法・内容も異なることがあるということに留意する必要があるでしょう。

  • 情報共有を行なう場合は、学生本人の了承を得ることが必要です。

大学等に求められる体制整備の内容

  • 相談窓口の明確化
  • 事前相談、見学等の受付
  • オープンキャンパス、説明会等における支援
  • 入学試験時の配慮に関する申請方法、時期等の明確化
  • 配慮の内容等を協議、決定するシステムの構築(対話的なプロセスを含む)
  • 配慮申請の受理から実施に至るまでのフローの作成、共有
  • 配慮に関する事例やノウハウの蓄積
  • 入学試験や入学後の支援について、高等学校等との連携

大学の校舎の風景(京都大学)

大学の校舎の風景(京都大学)


執筆者:村田 淳


PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。