給付奨学金について返還が必要となった方の携帯電話に「SMS(ショートメッセージ)」を送信します

給付奨学金を受給していた方で、返還が必要となった方の携帯電話・スマートフォンに、「SMS(ショートメッセージ)」を下記のとおり送信します。メッセージを受け取られた方は、【奨学金の返還手続き】を確認いただき、必要なお手続きを至急取っていただきますようお願いいたします。

【送信日時】

2020年6月30日(火曜日)11時00分 送信

【SMS(ショートメッセージ)の内容】

「日本学生支援機構です。返還誓約書を提出していない方は、至急提出手続をお願いします。https://www.jasso.go.jp/kh 」

  • 給付奨学金の返還については、貸与奨学金の手続きに準じて行いますので、下記参照ページをご覧ください。その他詳細につきましては、「返還のてびき」をご確認ください。

【奨学金の返還手続き】

(1)返還誓約書の提出

返還が必要と決まった時は、「返還誓約書」を必ず提出してください。返還誓約書を提出する際には、「定額返還方式」または「所得連動返還方式」を選択してください。返還誓約書を紛失した方は、改めて提出手続きを取っていただきますようお願いいたします。
なお、「返還誓約書」の提出がないと、減額返還や返還期限猶予等の願い出ができなくなることがありますので、必ず提出してください。

  • 詳しくは給付終了者用の「返還のてびき」を確認してください。

給付終了者用の「返還のてびき」がダウンロードできます。
ファイルサイズが大きいため、ご利用の環境によっては、ダウンロードに時間がかかる場合がありますので、ご注意ください。

  • 2019年度までに採用された給付奨学金については、「返還のてびき」は共通の内容となります。

(2)割賦による返還方法、口座振替による返還

本機構から返還すべき金額や返還開始年月日等を記載した「奨学金の返還開始について(通知)」を発送しています。通知内容をご確認いただき、返還誓約書の提出や口座加入手続きを取っていない方は、至急お手続きをお願いいたします。

[参照ページ]

  • 返還開始の通知を受け取っていない方は、至急住所変更及び返還誓約書の提出、口座加入等の手続きを取っていただきますようお願いいたします。

(3)住所、電話番号等が変更になった場合

住所、電話番号等が変更になった場合は、必ず機構に届出してください。

[参照ページ]

(4)返還が困難になった場合

返還が経済困難、失業、傷病、災害などの事由で困難な場合は、返還月額の減額または返還期限の猶予などの救済制度があります。
返還総額は、減額返還制度、返還期限猶予制度ともに変わりません。減額返還制度は、延滞している場合、所得連動返還方式を選択した場合は対象になりません。

[参照ページ]

(5)返還が滞った場合

延滞すると請求・督促を行います。
延滞が解消されない場合、返還残額の一括返還を請求すると共に、支払督促を申し立てる等、法的手続きをとることがあります。

電話によるお問合せ先

奨学金相談センター
  • 電話0570-666-301(土日祝日・年末年始除く)9時00分~20時00分