日本国内の試験会場で受験される方の出願

郵送(願書)による出願は廃止しました。2021年度からはオンラインによる出願のみとなります。

オンラインによる出願


出願方法

出願方法には、以下の2通りがあります。

  • 個人で申込む(個人出願)
  • 団体で申込む(団体出願)

団体出願には、一括登録方式と個人出願集約方式があります。


受験料の支払い方法

出願時に、クレジットカード、コンビニエンスストアでの支払い、銀行振込み(ATM・インターネットバンキング)などから選択できます。

※ 2020年度日本留学試験第1回(6月実施分)試験は、新型コロナウイルス感染症の影響により試験実施が中止され、応募者には受験料の返金を行いましたが、クレジットカードにより受験料の支払いをした応募者には、迅速かつ確実にカード会社を通じて返金を行うことができました。他の支払い方法による場合は、応募者から返金申請手続きを行っていただく必要がありましたが、クレジットカードによる場合は、機構による自動的な返金処理が可能であり、応募者が手続きを行う必要がありませんでした。今後も新型コロナウイルス感染症の影響等により、試験実施が中止になる可能性は全くないとは言えませんので、クレジットカードでの支払いを選択することを推奨いたします。


受験票の送付

出願方法に関わらず、簡易書留郵便で届きます。
団体出願した場合は、団体で指定した住所に一括して送ります。
なお、受験票の送付先は日本国内の住所に限ります。

結果(成績)の発表

2021年度から国内での出願はオンラインのみの出願となり、受験者全員がオンライン上で成績の確認及び成績確認書という形で印刷が可能となる予定です。そのため、従来、郵便で発送していた成績通知書は廃止いたします。
システムの都合上、EJUオンラインの画面上に「成績通知書」の記載が残っていますが、2021年度以降の成績の確認方法は上記のとおりです。

EJUオンラインを通じた成績の確認

オンライン上で成績が確認できるのは、次の人です。

団体担当者は出願方式に関わらず、オンライン上で成績を確認することはできません。

日本国外の試験会場で受験される方の出願

日本留学試験(国外実施)の出願書類は、実施都市の実施協力機関で入手できます。また、出願手続きは、窓口受付と郵送受付、一部オンライン受付があり、実施都市により異なります。詳しくは、国外実施問合せ先一覧をご覧のうえ、実施協力機関にお問い合わせください。

出願の際には受験案内に添付されている出願書類に加え、出願時より6か月以内に撮影した帽子なし・背景なし・正面上半身の縦4センチ、横3センチの写真が3枚必要になります。

実施国・地域以外に在住の方の出願

実施国・地域以外に在住の方が受験を希望される場合、以下の条件を満たす場合に限り、出願することができます。


バックナンバー