1. 試験当日の持ち物など

つぎのものを忘れずに持ってきてください。

※携帯電話、スマートフォン、腕時計以外の時計、電子機器(パソコン、スマートウォッチなどの携帯情報端末、ICレコーダー、オーディオプレイヤー、ゲーム機、デジタルカメラ、電子辞書、電卓など)を、試験会場に持ってこないでください。
※耳せんは、監督者の指示等が聞き取れないことがありますので使用できません。

会場によっては、室温調節ができない場合がありますので、調節のできる服装で来てください。

2. 試験室への入室

日本国内の試験会場で受験される方

1時間目(日本語) 午前9時40分を過ぎたら試験室に入れません。
2時間目(理科/総合科目) 午後1時50分を過ぎたら試験室に入れません。
3時間目(数学) 午後4時を過ぎたら試験室に入れません。

日本国外の試験会場で受験される方

3. 試験室での注意

4. 解答方法

解答はマークシート方式ですので、必ずHBの鉛筆を使って解答してください。ペンやボールペンは使えません。また、マークのしかたが薄いと採点されません。
試験の得点は、正解となった設問ごとに加点されます。誤答に対しては、減点されません。

5. 不正行為

つぎのことをすると、不正行為となり、試験室の外に出てもらいます。この場合、受験したすべての科目の解答は採点されません。(受験料は返金できません。)

  • 不正行為に使ったもの(メモ用紙やカンニングペーパー等)は、その場で没収し、返却しません。

6. 解答用紙の名前と受験番号

試験の日に配られる解答用紙には、あなたの名前と受験番号が印刷してありますので、解答用紙が配られたら、まず、解答用紙に印刷してある名前及び受験番号が受験票と同じかどうか確かめてください。
もし、解答用紙に印刷してある名前と受験番号が、明らかに自分のものでないときは、すぐに係員に知らせてください。
自分のものでない解答用紙にそのまま解答したり、係員に知らせないで、名前や受験番号を自分で直して解答すると、あなたの解答は採点されません。

7. 試験問題の取り扱いについて

日本留学試験の試験問題は独立行政法人日本学生支援機構の機密情報かつ著作物であり、法令等によって保護されています。許可なく、試験問題の全部または一部を持ち出し、複製、録画、録音、筆写、暗記等により、持ち出し、ウェブサイト等による開示、漏洩、口述、送信等いかなる方法においても第三者に対し伝達することを禁止します。違反した場合は警察に通報する等、法的措置をとることがあります。