病気・負傷や障害等のために、受験上の配慮を希望する場合は、出願前に必ず、日本留学試験受付センター(電話 0570-55-0585)(国外受験の場合は、実施都市の実施協力機関)まで連絡し、配慮を申請するための手続きについて指示を受けてください。手続きにあたっては、原則として医師の診断書等、配慮の必要性の根拠となる資料が必要になります。

なお、日常生活において、普段使用している補聴器、松葉杖、車いす等を使用して受験する場合も、日本留学試験受付センター(国外受験の場合は、実施都市の実施協力機関)まで連絡し、指示を受けてください。

また、出願後、思わぬ事故や病気等により、特別な配慮が必要になった場合は、すぐに日本留学試験受付センター(国外受験の場合は、実施都市の実施協力機関)まで連絡してください。

ただし、試験会場の状況等により、希望する配慮の内容によっては、対応できない場合があります。