Japan Alumni eNews Vol.128

Japan Alumni eNews Vol.128 2019年12月10日

1. Life in Japan by Photo

写真で見る日本の生活。留学生活・留学の思い出・日本の文化や歴史・旅先など、日本で体験した思い出の写真を募集しています。

日本の12月

12月号のLife in Japan by Photoは「日本の12月」をご紹介します。

イルミネーション

イルミネーション

年越しそば

年越しそば

ポインセチア

ポインセチア

白菜

白菜

2. Alumni News

留学生関連ニュースや体験談を紹介します!

留学生ニュース

NEWS1:日本人研究者の吉野彰氏が2019年度のノーベル化学賞を受賞

日本人研究者の吉野彰氏が、リチウムイオン電池に関する研究開発の功績によって2019年度のノーベル化学賞の受賞が決まりました。日本人のノーベル賞受賞は、2014年から連続で6年間続いています。リチウムイオン電池は、現在のスマートフォンやノートパソコンなどIT機器の世界的な普及に大きく役立ち、今後も電気自動車など新しい市場への広がりが期待されています。吉野氏は、現在のリチウムイオン電池の元になる二次電池(蓄電池)を独自の材料を使って考え、作り上げました。さらに、リチウムイオン電池の基本技術の開発や、実用化に向け周辺技術を含めた技術開発を行い、小型・軽量のリチウムイオン電池の実用化に大きく影響を与えました。(吉野彰氏は旭化成名誉フェローを務めています)

NEWS2:日本語教育が実施されている国・地域の数が過去最多に

国際文化交流事業や海外での日本語教育を進める国際交流基金が、海外における日本語教育機関の状況を調べるために「海外日本語教育機関調査」を行い、その結果をこの10月に発表しました。調査の結果によると、前回調査(2015年度)よりも5か国多い142と過去最多の国・地域で日本語教育が実施されていることがわかりました。また、日本語教育機関数、日本語教師数、日本語学習者数それぞれも、今までで一番多くなったといいます。学習者の内訳(うちわけ)では、小学校に相当する「初等教育」や「学校教育以外」が大幅に伸び、海外で日本語を学ぶ人たちの年齢層が広がっていることが示されました。

NEWS3:渋谷に外国人留学生が案内役を務めるインフォメーションセンター新設

11月にオープンした渋谷駅前の商業施設「渋谷フクラス」の1階に、新しいツーリストインフォメーションセンター「shibuya-san(シブヤサン)」が開業します(12月オープン)。目の前には、羽田・成田両空港からリムジンバスが乗り入れるバスターミナルが新設され、渋谷を訪れる国内外の観光客の新しい玄関口となる予定です。シブヤサンでは、外国人留学生を中心に、さまざまな国籍の外国人スタッフが「観光コンシェルジュ」となり、渋谷の魅力を伝えます。一般的なインフォメーションセンターにある対面カウンターでの観光案内をやめ、訪れるツーリストに寄り添った案内を提供するといいます。また、観光庁が進める夜間の経済活動を活発にするナイトタイムエコノミーの実現に向けて、営業終了時間を23時までとし、渋谷の夜間観光を盛んにしていきます。

日本留学体験談

ロー タック ヘイ

名前:ロー タック ヘイ
出身地:香港
所属大学:会津大学
専攻:コンピュータ理工学部コンピュータ理工学科
学年:2年生
日本留学期間:2017年10月~現在
日本語レベル:日本語能力試験N1相当

日本の文化をきっかけに日本に興味を持ちました。香港は国際的な都市ですが、それに比べても驚くことがたくさんありました。寿司の美味しさ、日本人の優しさ、日本のソフトパワーの魅力など。全てはアニメから始まりました。最初にアニメに触れたことは本当に偶然だったのに、それで日本への関心が高まって、日本に留学することになりました。バタフライ効果はすごいですね。

知らない場所についていろいろ想像します。私もそうでした。最初に日本は新世界のように見えました。来日する前は、簡単に友達を作って楽しく遊ぶことを想像していましたが、甘かったです。日本で友達を作ることは簡単ではないと思います。他の人との絆を守るために、友達関係でも距離を取ることが日本文化の特徴の一つだと分かって、それは香港と違うことに気が付きました。私にとって友情というものはとても親しい関係の意味なのですが、日本では本当の友人を作ることは難しくても、新しい文化に慣れて、友達を作ることに頑張っていきたいと思います。

これから日本に留学する人へのアドバイスは、まずは日本語を勉強することです。相手の母国語で話すと結果は大きく変わります。自分の母国語で話しかけられることは、聞き手にとってすごく楽でしょう。外国語の勉強は大変かもしれませんが、簡単に成し遂げられることを目指すのは意味がないと思います。挑戦しましょう。すでに日本語が話せるなら、新しい目標を決めましょう。長期目標があなたが思い描く未来に導いてくれ、その一方で、短期目標は前に進んでいくためのモチベーションとしてあなたを突き動かしてくれるでしょう。

勉強よりも留学している経験を優先しているのですが、両立は今の生活で大事なので、バランスを取れるように頑張ります。卒業後、大学院に進学することは私の目標ですが、とりあえず目の前にある機会を逃さずに一生懸命頑張りたいと思います。

オグボド マーク イケチュクウ

名前:オグボド マーク イケチュクウ
出身地:ナイジェリア
所属大学:会津大学
専攻:コンピュータ理工学研究科コンピュータ・情報システム学専攻
学年:博士後期課程1年生
日本留学期間:2019年4月~現在
日本語レベル:日本語能力試験N5相当

「新しい経験をしないと、自分の中にあるものは眠っています」フランク・ハーバートの引用です。その言葉に刺激されて、子どもの頃から興味があったコンピュータ理工学を勉強するために、日本に留学しようと思いました。学士号と修士号を取得して、現在は会津大学の博士課程に籍を置いて、ニューロインスパイアド・ハードウェアアーキテクチャ(NASH)の分野で研究を行っています。「なぜ会津大学を選んだのか?」「なぜわざわざ日本まで?」と思った方は、どうぞ続きを読んでください。

会津大学は日本で初めてコンピュータ理工学専門として作られた大学で、NASHの分野の研究が積極的に行われています。羽田空港に到着したとき、興奮と緊張を同時に感じたことを鮮明に覚えています。新しい場所に着いた興奮と、知り合いのいないところでどうやって進んで行けるかという緊張感です。今かえりみると、そう心配する必要がなかったことが分かります。それ以来、優しくて親切な人々と一緒に住んでいます。会津大学には適切な研究設備と国際的な雰囲気があるおかげで、世界のさまざまな国の学生と交流しやすい環境があります。

日本への留学生として、平日は研究に集中して、週末はストレスを発散するために楽しいことをして遊びます。これが日本を選んだ一つの理由とつながっています。日本には素敵な文化ときれいな自然があり、研究をしているとき以外は、ハイキングやサイクリングなど新しいことをよく試しています。日本で感動した3つのことは、文化と、会津大学で行っている研究の品質、きれいな自然です。

日本に留学しようかどうか迷っている方には、日本が感動的にきれいな国だということを伝えたいです。一番興味を持った3つのことだけ話しましたが、日本のことをそれだけで書き表すことができません。迷いを捨てて日本に来たら、新しい経験をしないと、自分の中にあるものが眠ったままになってしまいます。

帰国留学生会

帰国留学生対象事業紹介

長岡技術科学大学同窓会

長岡技術科学大学同窓会は毎年、卒業生・在学生・教職員・地域住民の親睦を深めるスポーツイベントを開催し、多くの留学生に楽しんで頂いております。留学生の同窓会員はベトナム、タイなどの東南アジア圏に加えて中米メキシコの出身者が主要で、現在、これら主要国において帰国留学生等の海外同窓生同士の親睦支援を目的とした活動を展開中です。また、今年度から帰国留学生を含む全同窓生を対象とした親睦イベントの開催をはじめましたので、皆さんのご参加をお待ちしております!

〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町 1603-1
dosokai【@】nagaokaut.ac.jp
※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください

3. Academic News

奨学金、助成金、大学のユニークな取組などを紹介します!

大学紹介

日本の大学を紹介します。

国際教育総合センター前の風景

【プロフィール】(2019年5月1日現在)
学校名:神戸大学
六甲台第1キャンパス:神戸市灘区六甲台町2-1
六甲台第2キャンパス:神戸市灘区六甲台町1-1
鶴甲第1キャンパス:神戸市灘区鶴甲1-2-1
鶴甲第2キャンパス:神戸市灘区鶴甲3-11
楠キャンパス:神戸市中央区楠町7-5-1
名谷キャンパス:神戸市須磨区友が丘7-10-2
深江キャンパス:神戸市東灘区深江南町5-1-1
在籍者数:16,226名(学部・大学院含む)
外国人留学生数:1,399名

1. 大学の概要(歴史・理念等)

国際教育総合センターから神戸市街を望む

神戸大学は、京都・大阪に近い国際都市神戸に位置し、社会科学系をルーツとする100年以上の歴史を持つ日本有数の国立総合大学です。建学以来の理念「真摯・自由・協同」を掲げ、「人文・人間科学系」、「社会科学系」、「自然科学系」、「生命・医学系」の4つの学術系列の下に10の学部、15の大学院を備えています。

2. 特色ある大学の施設や設備など

附属図書館は、総合図書館と各学部・研究科に対応した9つの専門図書館から成り、約377万冊というたくさんの蔵書があります。オンラインのデリバリーサービスにより、希望する館へ図書を取り寄せたり、どの館からでも返却ができます。

3. 外国人留学生・大学院生にむけて打ち出したい特色ある学部・研究科の概要と特徴

神戸大学の教育では、教養教育と専門教育、学部と大学院のつながりを強化することにより、先端研究の臨場感のなかで学生が創造性や主体性を深め、幅広い学識に基づく問題発見力、分析力、実践力を培うことを重視しています。それによって、学生が地球的諸課題を解決するために先導的役割を担う人材に成長することを目指しています。

4. 外国人留学生への支援の取り組み(住居・奨学金・学費減免等の生活支援)

神戸大学には複数の留学生向け宿舎があり、一般的に民間アパートより安い家賃で入居できます。また、民間団体が設置する宿舎もあり、大学を通して申請できます。奨学金は、日本政府が実施しているもの、地方自治体が実施しているもの、民間奨学団体が実施しているものがあります。また、神戸大学独自の奨学金もあります。そのほか、留学生の教育・研究と日常生活全般をサポートするチューター制度があります。

5. 外国人留学生への支援の取り組み(その他就職・国際交流等)

神戸大学では、留学生のための日本企業合同説明会である「グローバルジョブフェア」と、日本の就職活動を学ぶ「留学生のためのグローバルキャリアセミナー」を開催しています。また、帰国留学生のための海外同窓会や日本在住留学生のための同窓会を設置し、留学生ホームカミングデイや同窓会イベントを開催するなど、国や地域を超えた豊かなネットワークの構築に取り組んでいます。

奨学金・助成金・招へい・賞等募集情報

一般財団法人神戸財団

事業名
2020年度 神戸財団奨学生
1. 概要:
神戸財団は陶磁器を中心とした芸術の普及向上を図り、我が国の文化発展に寄与することを目的として、2013年に設立いたしました。助成事業は国際交流を通じ現代陶磁器産業の普及・向上を図り、グローバルアーティストの育成事業を目的とし、日本で陶磁器分野の研修・調査・学習を行うことに関して志高い海外の陶磁器アーティストに対し、奨学金支援を実施しております。
2. 応募資格:
・原則的に日本以外の国籍を有するもの(海外を拠点に活動する日本国籍の人は応募可)。
・応募締切日時点で18歳以上40歳未満であること。
・勉学または研究のための在留資格「留学」、「研修」、「文化活動」で日本に在留している者、またはこれから日本へ渡航する予定で、2020年4月30日までに在留資格「留学」、「研修」、「文化活動」を取得できる者。尚、後者は取得後に遅滞なく写しを提出していただきます。
・対象は陶磁器分野とし、研修・調査・学習等の申請書と計画書(当法人指定)など提出書類は明確に記入し提出すること。
・日本での居住先、研修・調査・学習施設の受け入れが明確である者。
3. 応募方法:
当法人所定の申請書に必要事項を記入し、提出書類を同封して当法人宛に郵送すること。応募要項及び申請書は当法人のホームページより、ダウンロードできます。

【提出書類】
・申請書(当法人所定のもの)
・研究計画書(当法人所定のもの)
・ポートフォリオ(A4ファイル)
外国人研究者の研究業績がわかる資料及び簡単な経歴、1年以内に制作した作品の写真5点程度(サイズ(幅・高さ・奥行)、単位(センチメートル)も記入すること)
・自国の指導者推薦状
・パスポートの写し(身分事項のページ。写真部分が鮮明であること。)
・ビザの写し
4. 応募締切:
2020年1月14日(火曜日)必着
5. 奨学金額:
上限50万円/1人当たり
6. 期間:
2020年4月1日~2021年3月31日
7. 問い合わせ:
一般財団法人神戸財団事務局(株式会社MARUWA内)
〒488-0044 愛知県尾張旭市南本地ヶ原町3-83
TEL:0561-51-0841
FAX:0561-51-0845
E-mail:info【@】kanbe-zaidan.or.jp
※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。

シンポジウム紹介

第9回電子光技術シンポジウム「機能性マテリアルの設計と実証」

近年、マテリアルズ・インフォマティクスに代表される新たなアプローチの進展、高度合成技術の開発、新規応用分野の開拓により、マテリアル開発の様相は大きく変わろうとしています。本シンポジウムでは、革新的なマテリアルを基盤とした、電子・光デバイス開発の現状と将来展望を紹介します。

日時:2019年12月20日(金曜日)10時~17時25分
場所:秋葉原UDXカンファレンス(東京都千代田区外神田4-14-1)

学会紹介

日本語試験紹介

4. Business News

留学中、卒業後の皆さんへ、就職関連情報を提供します!

就職関連イベント情報

就職活動体験談

ファン ラム ミー キム

名前:ファン ラム ミー キム
出身地:ベトナム
出身校:関西大学
専攻:東アジア文化研究科 文化交渉学専攻
日本留学期間:2016年4月~2019年9月
勤務先企業名:辰野株式会社
日本語レベル:日本語能力試験N1

ベトナムの大学にいた時、母校と日本の大学が連携しているプログラムに参加しました。その際、日本語と日本の法律を教わりました。ここで、ベトナムの法律用語が日本の法律用語と類似していることを知り、非常に興味深く感じました。大学を卒業後、日本に留学し、類似している理由を明確にしようと思いました。

来日してから、様々なことを習得できました。日本語や日本文化のみならず、日本の研究方法や教育精神なども学べ、より成長できたと思います。しかし、教わったことはまだ学校の範囲で、きっと日本の企業にはもっと魅力的で身につけるべきことが数多く存在しているだろうと考えました。このため、日本で就職し、働きながら勉強を続け、成長していこうと決心しました。

自分の経験から言うと、就職の際はなんとなく業界や会社を選ぶのではなく、しっかり自分の価値を知ってから選びましょう。私は最初、受かりそうな企業を選びましたが、受かるかどうかという考えは単なる感性です。自分の価値をしっかり把握できれば、就職したい企業が自ずと出てくると思います。その価値とは、学歴や資格だけではなく、現在の自分に影響を与えた体験などもあります。また、就職の時には、なぜそう思ったのか、なんでそうやったのか、はっきり理由を伝えた方がいいです。こうしたことは、自分の価値を形成すると考えられます。就職活動は「自分を売ることだ」とよく耳にしますが、その通りだと思います。自分を売りたい場合には、しっかり自分の価値を理解することが必要だと思います。

就職情報コーナー

就職活動の準備(筆記試験対策)

企業の採用選考では、学生の知力、学力、思考力、判断力、作業の処理能力や正確さなどを測るための筆記試験が行われることが多いです。通常、筆記試験は採用選考の最初の方の段階で行われることが多く、試験結果は次のステップである面接試験で資料として利用されるほか、場合によっては試験結果に基づき採用応募者が選ばれることもあります。採用選考における筆記試験は、英語や中国語で出題する企業もいくつかあるものの、基本的に日本語で出題されることが多いため、留学生は日本語の問題にしっかりと対応できるよう、あらかじめ準備しておくことが必要です。

筆記試験は、企業が独自に問題を作成・出題するパターンと、テスト専門の業者が実施しているテストを利用するパターンの2つがあります。企業独自の問題は、どのような内容が出題されるのかを予測することは難しいですが、おおまかにまとめると「国語や数学などの学力試験」「性格検査」「時事問題」「小論文」「英語」の問題が出題されることが多いようです。一方で専門の業者が実施しているテストの場合は、専用の参考書が発行されていたりするため、事前対策として勉強することができます。

テスト専門業者が実施しているテストはいくつか種類があります。有名なのは「SPI」「玉手箱」「GAB・CAB」「TG-WEB」ですが、中でも「SPI」は日本の企業が最も多く採用しているテストです。そのため就職活動においては「SPI」の事前対策を必ずやっておくべきでしょう。

「SPI」のテストは「性格検査」と「能力検査」の2本立てで行われます。「性格検査」は受験者の性格を分析するためのテストなので「正解」があるわけではありません。一方の「能力検査」は、「国語」に相当する「言語問題」と、「数学」に相当する「非言語問題」の2つからなるテストです。こちらは、市販の参考書やスマートフォンのアプリなどを使って繰り返し勉強することで、ある程度スコアを上げることができます。

筆記試験の受験形式も、就職活動では押さえておきたいポイントです。筆記試験は、企業が設定した会場に集められてペーパーテストで行われる形式や、テスト専門業者が運営している「テストセンター」という施設でパソコンを使って受験する形式、そして自宅のパソコンでインターネットを利用して受験する形式など、さまざまなかたちで行われます。企業の採用選考を受ける際には、その企業の筆記試験がどのような形式で行われるのかを、よく確認することが重要です 。採用情報は、各企業のホームページの採用コーナーに掲載されることが多いので、必ず情報を確認してから受験しましょう。

5. Visit Japan

日本各地の大学などがある地域をご紹介します! 12月号は秋田県秋田市です。

留学生活と街

秋田市街の展望

秋田市は、日本の北部に位置する秋田県の県庁所在地です。東側には山地が広がり、西側は海に面する自然豊かな街であり、美味しいお米とお酒の産地として有名です。そんな秋田市には、大学・短期大学が11校あり、たくさんの学生が自然豊かな秋田市で学生生活を楽しんでいます。

秋田市内の大学・短期大学には合計約10,000人の学生がいますが、そのうちおよそ400人が海外からの留学生です。秋田市の留学生の約6割は留学生用宿舎や学生寮に住んでいますが、そのほかの4割の留学生は、民間の下宿やアパートで生活しています。ちなみに秋田市は全国平均から見て家賃が安く、例えば1人暮らしに適した1Rや1Kの部屋は家賃3万円台から借りることができます。都会にはない豊かな自然とともに、生活にかかる費用の安さも秋田市の大きな魅力です。

秋田市の中心エリアは、市内を通る2本の鉄道路線が交わり、かつ秋田新幹線のターミナル駅でもある秋田駅の周辺です。11校ある大学・短期大学のうち5校が秋田駅を最寄り駅としているため、このあたりは学生街としても栄えています。秋田駅のすぐ近くには「トピコ&アルス」と「フォンテAKITA」という2つのショッピングモールがあり、それぞれが秋田市民にとって重要なショッピングスポットです。特に「フォンテAKITA」は書店や雑貨店、喫茶店、アイスクリーム店などといった若者向けのショップが多く、週末には多くの若者でにぎわいます。そのほか、秋田駅から見て北東方向に広がっている「手形地区」は、古くからの学生街として有名です。手形地区には定食屋やラーメン屋などの学生が好む飲食店が多く、昔も今も秋田の学生の胃袋を満たしています。

また、秋田県では「秋田地域留学生等交流推進会議(※)」という組織が、留学生と地域住民の交流事業を行っています。農家との交流が行える「農業体験プログラム」や、日本語でのスピーチのスキルを競う「外国人による日本語スピーチ・コンテスト」、あるいは留学生とホストファミリーボランティアとの交流を行う「あきたのファミリー」などのプログラムが実施されており、他の学校や地域住民との交流を楽しむことができます。そのほか、秋田市内の大学・短期大学も、各校が留学生との交流プログラムを独自に実施しています。

6. NIPPON Information

日本の情報を紹介するコーナーです!

暮らしの情報

日本の鉄道

公共交通機関が発達した日本では、鉄道は通勤や通学などで日常的に利用されている重要な「生活の足」です。世界の駅の乗降客数ランキングでは上位10駅がすべて日本の駅で占められてしまうほど、日本人にとって鉄道は生活に欠かせないものとなっています。規則正しい日本人の生活を支えているのは、「世界一正確」ともいわれる日本の鉄道運行です。なぜ、日本の鉄道は時間に正確なのでしょうか?

日本の鉄道が正確に運用されている理由の一つに、「運転指令」というシステムが挙げられます。日本の鉄道会社には「運転指令所」という場所があり、ここで電車の運行が全体的に管理されています。それぞれの電車の運転士が時間に正確に運転する努力をしていることに加えて、この運転指令所で電車の運行状況を管理することで、電車を時間通りに動かしているのです。

また、日本の鉄道の複雑な運行計画は専門職員が組み立てています。この専門職員は、鉄道運行に関する非常に多くの情報を収集・分析し、最適な運行計画を組み立てます。AIが発達した現代においても、日本の鉄道では人の手により複雑な運行計画が組み立てられ、正確な鉄道運行を実現しています。

時間に正確な日本の鉄道をうまく利用できれば、日本での生活や観光などの際にスケジュールが組みやすくなり、時間を上手に使うことができます。ここで、日本の鉄道を使いこなすためのポイントをいくつかご紹介します。まず、日本は鉄道会社がいくつもあるために、異なる会社の路線を乗り換えるときに混乱しやすいことがあります。鉄道の乗降駅や乗り換えを検索するときには、乗換案内アプリケーションをスマートフォンにインストールして利用すると良いでしょう。

乗車料金の支払いは、券売機で切符を買うか、プリペイド式のICカードを購入して利用するか、どちらかの方法を選べます。ICカードは鉄道会社ごとに発行しているカードが違いますが、異なる鉄道会社でもお互いに利用可能なものが多いので、1枚準備しておくと便利でしょう。日本の鉄道を乗り換える際には、駅構内に設置されている案内板をよく見て、次に向かうべき乗り場を確認しましょう。異なる鉄道会社の路線に乗り換える場合、改札を通る必要がある駅もあるので要注意です。自分がどこに向かうべきか分からなくなったら、すぐに駅員さんに尋ねましょう。

日本の鉄道はこのように大変便利ですが、利用する際にさまざまなマナーやルールがあるので、覚えておきましょう。まず、列車を待つ際には、プラットフォームに並ぶのがルールです。列車が到着したら、降りる人が全員降りてから乗車しましょう。また、車両内では静かにするのがマナーです。大声で会話したり、携帯電話で通話したりするのはやめましょう。ほかにも、車両内に「優先席」という席がある場合があります。これは高齢者や身体の不自由な人、妊婦、あるいは乳幼児を連れている人が優先の席です。それ以外の人でも座ることはできますが、優先席を必要とする人がいる場合には、席を譲るようにしましょう。

教えて日本

文化や技術、人々の生活に関することなど、日本に関するトピックスを紹介します。12月号は、お風呂が好きな日本人と銭湯文化について解説します。

銭湯

お風呂が好きな日本人と公衆浴場の文化
日本人は、お風呂が大好きです。日本にはシャワーだけでなく浴槽が設置されている家が多く、日本人のおよそ半数が毎日お風呂に入っています。公衆浴場である銭湯や温泉も数多くあり、日本国内にはおよそ2万6千もの施設があります。

なぜ、日本人はお風呂が好きなのでしょうか? これには日本の気候が関係しています。まず、日本の夏は高温多湿になるため、お風呂に入って「汗を流す」ことが身体を清潔に保つための必要な習慣になっています。一方冬は、地域によって気温が氷点下にまで下がる寒さです。そのため、冬の入浴は身体を温める目的で行われます。浴槽につかることには、シャワーを浴びるだけでは得られないさまざまな健康面でのメリットがあります。例えば、疲れがとれやすくなり、リラックスする効果があるといわれています。

日本人とお風呂の関係を語る上で欠かせないのが「銭湯」の存在です。銭湯とは、お金を支払って入浴する公衆浴場のこと。今からおよそ700~800年前に登場し、江戸時代(1603~1868年)には庶民の憩いの場所として栄えました。当時は入浴するためだけではなく、人々のコミュニケーションの場としても使われていたようです。1日に何度も銭湯に通う人もいたとされており、現代の日本人の「お風呂好き」の原点は、この銭湯の文化にあるといえるでしょう。

1990年代後半から2000年代前半にかけて、銭湯をより現代風に進化させた「スーパー銭湯」という施設の人気が高まり、一気に数を増やしました。スーパー銭湯では、お風呂だけではなくジャグジーやサウナ、露天風呂なども楽しむことができます。さらにレストランやエステサロン、マッサージスペース、仮眠スペースなども併設されているので、一日中リラックスして過ごすことができます。

ここで簡単に銭湯の利用方法の一例をご紹介しましょう。温泉の入り方も基本的に大きな違いはありませんので、こちらを参考にしてください。まず銭湯に到着したら、玄関に置かれている下駄箱に靴をしまいます。靴をしまったら「番台」と呼ばれるフロントでお金を支払い、脱衣所のロッカーの鍵を受け取ります。男女別に分かれている脱衣所で服をすべて脱いだら準備完了。浴室に入ったら、浴槽につかる前に身体にお湯をかけるなどして、汚れを軽く落としましょう。これは、浴槽を汚さないための大事なマナーです。浴槽に入ったら手足を伸ばしてリラックス。このとき、タオルはお湯につけないのがマナーです。のぼせない程度に身体が十分温まったら、浴槽から出て洗い場で体を洗います。その後は再び浴槽に入っても構いません。満足したら脱衣所に出て、身体をタオルでよく拭きましょう。マナーに関しては、銭湯やスーパー銭湯、温泉それぞれで大きな違いはありません。スーパー銭湯の利用方法も銭湯とほぼ同様ですが、番台がなく自動券売機が設置されていることが多くあります。

ちなみに、日本の銭湯では売店や自動販売機で飲み物を販売しており、お風呂から上がったら冷たい飲み物を手軽に飲むことができます。お風呂上りに飲む冷たい飲み物は美味しく感じることもあり、銭湯を利用する際に試してみるのはいかがでしょうか。

政府広報誌等

文化・スポーツ等を含む日本の広報資料の紹介です。

7. JASSO News

JASSOの奨学金情報、招へい情報、日本留学フェア、日本留学試験を紹介します!

2019年度日本留学フェア開催日程等

日本学生支援機構は、海外において、日本への留学を希望する高校生・大学生等のために「日本留学フェア」を開催いたします。また、他機関が主催するイベントや説明会へも参加・協力しています。

「Student Guide to Japan」(日本留学ガイドブック)

日本への留学を考える皆さんに、まず読んでほしい冊子が「Student Guide to Japan」です。
日本の教育制度や奨学金、日本での生活情報に加え、留学経験談などを掲載しています。
JASSOのホームページでは、実際にその内容を読むことができますので、これから留学を考える方はもちろん、すでに日本国内で学び始めている方も、ぜひ一度ホームページでご覧ください。

JASSO留学生事業部及び海外事務所のFacebookページ

JASSO留学生事業部及び海外事務所ではFacebookでも留学イベントや奨学金情報、その他の日本留学の最新情報を積極的に発信しています。ぜひご覧ください!

日本留学試験(EJU)

日本学生支援機構の奨学金

ウェブマガジン『留学交流』

2019年12月号を12月10日に掲載いたします。是非お読みください。

帰国外国人留学生短期研究制度(外国人研究者招へい)

現在、自国において教育、学術研究又は行政の分野で活躍している帰国留学生に対し、我が国の大学で、当該大学の研究者と共に短期研究を行う機会を提供しています。

帰国外国人留学生研究指導事業

現在、自国の大学や学術研究機関で教育、研究活動に従事している帰国留学生に対し、我が国における留学時の指導教員を現地に派遣し、研究指導等を実施しています。

「外国人留学生のための就活ガイド」

外国人留学生が、日本で就職活動をするために必要な情報が満載のガイドブックです。就職活動の準備から、エントリー、採用試験、在留資格の変更等、活動の時期に応じて必要な情報をわかりやすく解説しています。

8. 編集部より

日本では新しい元号「令和」の始まりとなった2019年が終わろうとしています。今年もいろいろなことがありました。相次ぐ豪雨や台風による災害や事件も多くありましたが、その一方で小型惑星探査機「はやぶさ」による小惑星への着陸成功やノーベル化学賞の受賞など、日本人が喜ぶ成果も多くありました。スポーツの世界でも、全英女子オープンで日本人女子選手が42年ぶりに海外メジャー優勝を果たしたり、日本初開催のラグビーワールドカップで日本代表が大活躍したりと、多くの海外の人に日本を知ってもらう機会になりました。来年はいよいよ東京オリンピックが開かれる年。世界中の人が日本を注目し、訪れてくれることを期待して、「おもてなし」の心で皆さんをお待ちしています。この機会に思い切って日本を訪れてみてはいかがでしょうか? それが難しければ、ぜひメディアを通じて日本をよく見てください。きっと日本の良さを知ることができると思います。
今年も、Japan Alumni eNewsのご愛読をありがとうございました。

Japan Alumni eNews 編集部では、就職活動の体験談を教えていただける方をお待ちしています。また、留学生活の写真や、メルマガの感想もお待ちしています。次回の『Japan Alumni eNews』は2020年1月10日配信です。お楽しみに。

  • 記載内容は変更となる場合があります。それぞれのwebサイトで最新情報をご確認ください。
  • 配信申し込み・取り消し(無料)は、下記のリンク先の「申し込み/取り消し」ボタンからお願いします。
  • 本メールマガジンの著作権は日本学生支援機構(JASSO)に属します。
  • 無断での転載、再配布、全文および一部の引用等を禁止します。

お問い合わせ

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO) 留学生事業部 国際奨学課 フォローアップ事業係
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6030
  • FAX03-5520-6031
  • E-mailalumni-newsletter【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。