1.レジデント・アシスタント(RA)の活動について

レジデント・アシスタントが留学生と歓談している写真

  • 大阪日本語教育センタードミトリー(大阪市天王寺区上本町)は、日本語学校付設の寮で、約25か国からの留学生が生活しています。
  • この寮には、入居しながら寮生の生活をサポートするレジデント・アシスタント(RA)制度があります。
  • 大学・大学院に在籍している日本人学生が対象です。

【主なRA活動】

  • 週1回(1回2時間程度)の相談業務
  • 寮生に対する共同生活上の指導、助言及びスタッフとの連携
  • 入寮にかかる各種サポート(区役所への住民登録、周辺案内、入寮オリエンテーション実施時の協力等)
  • 緊急時(急病、事故、災害等)の対応
  • 交流活動

2.先輩RAからのメッセージ

濱野さん(2017年度RA)

  • 一年間カナダで留学をした際、現地の人たちに支えられ、助けられた経験から、今度は私が、留学生が充実した留学生活を送るための支えになりたいと思い、RAに応募しました。
  • RAとして寮で生活を始めた当初は、できる限りフレンドリーに接しよう、いいアシスタントでいようと努めましたが、寮生と自分との間に無意識に遠慮の壁を作ってしまっていました。少し話はするけれども「当たり障りのない関係」で寮生と接していました。しかし、寮生活が始まってしばらくして、寮生と話していると、「それは建前ですよね、本音は何ですか」と言われたときに、どれほど自分が寮生に対して曖昧な接し方をしていたのかを痛感しました。
  • それからはなるべく本音で話すことを心掛けました。言いたいことを言いあうことで、それまでよりもより深く互いを理解できるようになったと感じています。寮生との交流は、遠慮することで本音を出さず、他者との間に壁を作ることが普通だった私に、一歩踏み込んでいくきっかけを与えてくれました。
  • この寮でのRAとして過ごした1年は、私の視野を大きく広げてくれました。
  • さらに、寮生の勉強に対する貪欲さ、新しいことへチャレンジする姿勢にはいつも刺激を与えられました。寮生の、授業開始前の朝早くから、放課後夜遅くまで勉強し、さらに忙しい中でも時間を作って留学生活を楽しむ姿に、私ももっと頑張ろうと励まされました。
  • アシスタントという形で入寮しましたが、むしろ支えられたことの方が多い一年間でした。この寮での留学生たちとの生活は、私の考え方を大きく変えてくれました。人生において、間違いなく重要な一年になりました。このような貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。

3.お問い合わせ先

留学生とレジデント・アシスタントの集合写真

独立行政法人 日本学生支援機構 大阪日本語教育センター事務室
〒543-0001 大阪市天王寺区上本町8丁目3番13号
電話:06-6774-0033
ファックス:06-6774-0788
E-mail:soumu-oskn【@】jasso.go.jp
※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。
業務時間:月曜日から金曜日/9時00分から17時45分
定休日:土曜日・日曜日・祝日 、年末年始(12月29日から1月3日)

【最寄り駅】
(1)大阪メトロ谷町線 「四天王寺前夕陽ヶ丘」 駅1番出口下車 徒歩7分
(2)大阪メトロ谷町線または千日前線 「谷町九丁目」 駅下車 徒歩10分
(3)近鉄「大阪上本町」駅下車 徒歩8分