1.研修の趣旨

  • 日本語教育、および関連分野の最先端の研究の成果をトップレベルの講師から学び、日本語教育全体を担っていく主力の日本語教員育成を目的とするプログラムです。
  • 2020年10月から2021年1月までの研修期間に、次の(a)~(c)を行っていただきます。
  • 各日午前9時30分から午後3時45分。ただし、第1日目のみ午前9時開始。最終日のみ午後4時頃終了。

2.集中講義のテーマと講師

日程       時間 講演タイトル(予定)および講師
12月7日(月曜日) 9時00分 開講式
12月7日(月曜日) 9時30分~
12時00分
教育に活かすプレゼンテーション技術
(大島武・東京工芸大学芸術学部教授)
12月7日(月曜日) 13時15分~
15時45分
これからの日本語教育―技能別・目的別の教育―
(野田尚史・国立国語研究所教授)
12月8日(火曜日) 9時30分~
12時00分
指導案作成・教室活動・教授法について
(建石始・神戸女学院大学文学部教授)
12月8日(火曜日) 13時15分~
15時45分
日本で就職する留学生のために
(栗原由加・神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部教授)
12月9日(水曜日) 9時30分~
12時00分
日本の留学生受入れ施策と日本語教育
(泉博朗・泉行政書士事務所 所長)
12月9日(水曜日) 13時15分~
15時45分
障害のある留学生の支援-発達障害と合理的配慮を中心に
(村田淳・京都大学学生総合支援センター准教授)
12月10日(木曜日) 9時30分~
12時00分
日本語コーパスデータの活用法について
(建石始・神戸女学院大学文学部教授)
12月10日(木曜日) 13時15分~
15時45分
日本語教師が知っておくべき著作権
(増田 拓也・弁護士法人色川法律事務所弁護士)
12月11日(金曜日) 9時30分~
12時00分
事例研究:各々の学校現場で日々起こる事例から
(大阪日本語教育センター)
12月11日(金曜日) 13時15分~
15時45分
言語習得・言語理解・成績管理
(森篤嗣・京都外国語大学外国語学部教授)
12月11日(金曜日) 15時45分 閉講式

3.研修全体の内容

  • お申し込みの前によくお読みください。

【文化庁・令和2年度日本語教育人材養成・研修カリキュラム等開発事業について】

本研修は、文化庁から「令和2年度日本語教育人材養成・研修カリキュラム等開発事業」(事業区分:日本語教育人材の研修カリキュラム開発、留学生に対する日本語教師【初任】研修)の委託業務として当機構が実施するものです。



4.参加対象者

以下のAとBの両方の条件を満たす方。

  • 全体で40名程度を予定しています。

注:「留学告示」について

  • 外部サイトへリンクします。

5.申し込み方法

募集案内をお読みいただき、研修の内容をご理解いただいたうえで、以下の申し込み画面に必要事項を入力して送信してください。

  • 申し込み期間:定員になり次第締め切ります。
  • 申請内容を審査の上、2020年10月中に受講の可否を通知します。
  • 募集期間を延長しました。
  • 同一の日本語教育機関から複数名の応募も受け付けることとしました。

申し込み画面

申し込み画面のQRコード

6.問い合わせ先

独立行政法人日本学生支援機構大阪日本語教育センター
郵便番号543-0001大阪市天王寺区上本町8-3-13
電話 06-6774-0033
FAX 06-6774-0788
E-mail:soumu-oskn【@】jasso.go.jp
※メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。