1.報告依頼内容

海外留学支援制度(協定派遣・協定受入)は、日本政府により交付される補助金を財源に実施しており、奨学金は厳正に管理される必要があります。ついては、平成29年度以前に日本学生支援機構から各学校に送金された奨学金のうち、当該年度中に支給対象者へ支給されず機構への返納手続きも完了していない残余金の有無について、「2.回答方法」に従い報告してください。

対象:平成29年度に機構から奨学金の送金が行われた協定派遣・協定受入(平成28年度採択プログラム継続実施分含む。)プログラム

回答期限:平成30年11月28日(水曜日)まで

【留意事項】

この度の報告により、残余金の返納漏れが判明した場合には、今後の審査・採択に何らかの措置を講じさせていただく場合があります。

2.回答方法

学校で取りまとめた上で、以下の内容を確認し、該当する回答フォームから報告内容を回答(送信)してください。

  • 平成29年度以前に機構から送金した奨学金について、返納すべき残余金があるかどうか(返納もれがあるかどうか)
  • 万一、返納すべき残余金がある場合は、回答フォームでの回答(送信)後、電話でも機構に連絡してください。
  • 回答の回数は1回です。

【回答フォーム】

回答フォーム【協定派遣・協定受入(共通)専用】

回答フォーム【協定派遣・協定受入(共通)専用】


お問い合わせ

留学生事業部海外留学支援課協定留学係
  • 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話03-5520-6014
  • FAX03-5520-6015