被災・家計急変時の第二種奨学金(応急採用)の家計基準

家計基準

第二種奨学金(応急採用)の家計基準は以下のとおりです。
以下のA及びBに該当する者。

A:生計維持者の失職、破産、事故、病気、死亡、災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、家計急変の事由が生じたことによって、その後1年間の家計が第二種奨学金の収入基準額の範囲内になることが見込まれると学校長が認める者。

B:家計急変の事由により,申込者の属する世帯の年間の支出額が著しく増大した場合、又は年間の収入額が著しく減少した場合で、学校長が緊急に奨学金を必要と認める者。

奨学金に関する疑問・質問は
お探しの情報が見つからない場合は