2018年6月19日

平成30年度「給付奨学生」の採用状況について

意欲と能力があるにもかかわらず、経済的事情により進学を断念せざるを得ない者の進学を後押しするため、大学(学部)、短期大学、専修学校(専門課程)に進学する者、及び高等専門学校3年次から4年次に進級する者を対象とした「給付型」の奨学金制度が平成29年度に創設されました。
このたび、日本学生支援機構では、平成30年度に大学等に進学(進級)した者について、以下のとおり、給付奨学生として18,566人を採用決定しましたので、お知らせします。
なお、これら給付奨学生の申請受付及び選考は、平成29年度中に高等学校等を通じて実施し、採用候補者として21,139人を決定しています。このたびは、採用候補者のうち、大学等に進学して所定の手続きが終了した者の全員を給付奨学生として採用しています。

1.制度概要(詳細は、機構ホームページをご参照ください。)

(1)対象
以下のア又はイのいずれかに該当する人
ア.住民税非課税世帯(市町村民税所得割額が0円)又は生活保護受給世帯の人であって、十分に満足できる高い学習成績を収めている人
イ.社会的養護を必要とする人(18歳時点で児童養護施設等に入所していた人、又は里親等のもとで養育されていた人)
※各高等学校等は、上記の内容を踏まえつつ、各高等学校等で策定した推薦基準を満たす者を日本学生支援機構に推薦することとしています。

(2)支給額
月額2~4万円(国公私立、自宅・自宅外通学の別により異なります)
・(1)のイに該当する場合は、別途一時金として初回振込時に24万円を支給。
・国立の大学等で授業料の全額免除を受ける人は、支給月額が減額されます。

2.採用結果(平成30年6月1日現在)

区分 採用者数 うち社会的養護を必要とする人
大学(学部) 12,172人 225人
短期大学 1,691人 72人
高等専門学校 87人 5人
専修学校(専門課程) 4,616人 214人
合計 18,566人 516人
  • 平成29年度は、先行実施として2,503人を採用しています。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。