大学等へ進学する希望を持っている人で、以下の1と2の両方を満たす人が、給付奨学金を申込めます。

1.在学状況等の要件

以下(1)~(3)のいずれかに該当する人

ただし、一度でも大学等へ入学したことがある人及び高等専門学校第4学年に進級した人は、申込資格がありません。
(1)大学・短期大学・専修学校の専門課程に進学を予定している高等学校等の最高学年(高等専門学校の第3学年)、または高等学校等を卒業後(高等専門学校の第3学年を修了後)2年以内の人
(2)高等専門学校第4学年に進級を予定している高等専門学校第3学年または、第3学年修了後2年以内の人
(3)高等学校卒業程度認定試験の合格者(合格後2年以内の人)、または出願者
※高等専門学校の第4学年に編入学する人は、支給対象外となります。

2.家計等の要件

以下ア~ウのいずれかに該当する人

ア.住民税非課税世帯(家計支持者の市区町村民税所得割額が0円の人)
イ.生活保護世帯の人
ウ.社会的養護を必要とする人(※)
※18歳時点で児童養護施設、児童自立支援施設、情緒障害児短期治療施設(平成29年4月~「児童心理治療施設」に改称)、自立援助ホームに入所していた人、又は、18歳時点で里親、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)委託者のもとで養育されていた人


上記の申込資格を満たす人の中から、各高等学校等が推薦基準等に照らして適格者を推薦します。
本機構では、各高等学校等から推薦された者について、選考基準に基づき選考の上、給付奨学生採用候補者を決定します。