独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「よくあるご質問」カテゴリのコンテンツです。

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

奨学金に関するよくあるご質問

貸与奨学金(海外)<第二種奨学金>に関するご質問

貸与中

海外の短期大学から、他の海外短期大学に編入学する場合は、どのような手続きが必要ですか。

A.

同一学種の他の学校への編入学に係る手続きは、次のとおりです。

(1)従前の在籍校の最終在籍年月をもって、奨学金の休止手続きが必要なため、【様式7】「異動願(休止)」と最終在籍年月が記載された学校発行の証明書(在籍証明書、成績証明書、履修証明書等)を提出します。提出期限は、従前校の最終在籍年月の前月20日です。やむを得ない事情で提出期限を過ぎる場合は、直ちに機構へお電話ください。

(2)編入学後3か月以内に、次の必要書類を提出します。
1.【様式7】異動願(復活)
2.【様式9】編入学奨学金継続願(編入学の1)
3.従前の在籍校の最終在籍年月が記載された従前校発行の証明書(在籍証明書、成績証明書、履修証明書等)
4.編入学先の学校が発行した在籍証明書。証明書には次の内容が記載されていること。
a)編入学年月日、b)卒業予定期、c)取得可能な学位
5.編入学先の学校が発行した単位移行証明書
6.連帯保証人・保証人の印鑑登録証明書(※編入学により卒業予定期が延長になる場合のみ提出が必要です。)