独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「留学生支援」カテゴリのコンテンツです。

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

日本留学試験受験上の注意

1. 試験当日の持ち物など

つぎのものを忘れずに持ってきてください。

1 . 受験票(内容にかかわらず、受験票には何も書いてはいけません。)
2 . 筆記用具(HBの鉛筆、プラスチック消しゴム)
3 . 腕時計(メモリー機能、翻訳機能、計算機能、撮影・録音機能、通信機能がついていないもの)
※音の出る設定は、あらかじめ解除しておいてください。
※試験室には時計がない場合がありますので、必ず持ってきてください。
※携帯電話などを時計として使用することはできません。
4 . 身分証明書(パスポートまたは在留カード)
※受験票を忘れたときなどに必要になります。
5 . 昼食
※試験当日は日曜日なので、試験会場近くの食堂や店が休みになっていることがあります。 なお、日本語だけ受験する人は、昼食は必要ありません。

※携帯電話、スマートフォン、腕時計以外の時計、電子機器(パソコン、スマートウォッチなどの携帯情報端末、ICレコーダー、オーディオプレイヤー、ゲーム機、デジタルカメラ、電子辞書、電卓など)を、試験会場に持ってこないでください。
※耳せんは、監督者の指示等が聞き取れないことがありますので使用できません。
会場によっては室温調節ができない場合がありますので、調節のできる服装で来てください。

2. 試験室への入室

日本国内の試験会場で受験される方

1 . 試験会場に入れる時間は、午前9時からです。
2 . 各科目の試験が始まる時間までに、必ず試験室に入っていてください。
3 . 試験に遅刻をした場合は、つぎのように対応します。
1時間目(日本語) 午前9時40分を過ぎたら試験室に入れません。
2時間目(理科/総合科目) 午後1時50分を過ぎたら試験室に入れません。
3時間目(数学) 午後4時を過ぎたら試験室に入れません。

日本国外の試験会場で受験される方

1 . 試験会場に入れる時間は、「日本語」が始まる時間の30分前です。
2 . 各科目の試験が始まる時間までに、必ず試験室に入っていてください。
3 . 「日本語」の時間は、試験時間が始まって10分が過ぎたら試験室に入れません。
その他の科目は、試験時間が始まって20分が過ぎたら試験室に入れません。

3. 試験室での注意

1 . あなたの受験番号と同じ番号の席にすわって、受験票を机の上に置いてください。あなたの受験番号が書かれた席以外では受験できません。
2 . 試験中に机の上に出していいものは受験票、筆記用具、腕時計だけです(1.参照)。他のもの(受験票が入っていた封筒を含む)はすべてかばんの中にしまってください。
3 . 試験会場に持ってきてはいけない電子機器など(1.参照)をまちがって持ってきてしまった場合は、必ず電源を切ってください。
また、携帯電話などのアラーム機能を設定している場合は、電源を切っても音が鳴ることがありますので、必ず、アラームの設定を解除してから電源を切るか、バッテリーを外してください。
4 . 試験中は、ものを食べたり飲んだりしてはいけません。食べ物や飲み物などを机の上に置かないでください。
5 . 「日本語」の「聴解・聴読解」試験の間(音声が流れている間)に、許可を得てトイレや体調不良の理由で試験室を出た場合でも、「聴解・聴読解」試験が終わるまで試験室に戻ることはできません。

4. 解答方法

解答はマークシート方式ですので、必ずHBの鉛筆を使って解答してください。ペンやボールペンは使えません。また、マークのしかたが薄いと採点されません。
試験の得点は、正解となった設問ごとに加点されます。誤答に対しては、減点されません。

5. 不正行為

つぎのことをすると、不正行為となり、係員の指示により試験室の外に出てもらいます。この場合、受験したすべての科目の解答は採点されません。(受験料は返金できません。)

1 . 携帯電話などの電子機器を持ってきていて、試験中に音が鳴ったり、マナーモードなどの振動音が発生したとき。(腕時計から音が鳴っても同様です。)
2 . 試験中に、電子機器を机やいすの上に出していたり、手に持っていたり、身に付けているとき。または、操作しようとしたり、作動させているとき。
電子機器の例:携帯電話、スマートフォン、パソコン、スマートウォッチなどの携帯情報端末、ICレコーダー、オーディオプレーヤー、デジタルカメラなどの撮影・録画・録音・通信機器のあるもの、ゲーム機、電子辞書、電卓など。(イヤホンやヘッドフォンを首から下げているだけでも不正行為になります。)
3 . あなた以外の人が代わりに受験したとき。
4 . 故意に自分のものでない解答用紙に解答したとき、または、試験会場で他の人と問題冊子、解答用紙を交換したとき。
5 . 試験中に、他の人と話をしていたり、他の人に答えを教えたり、他の人から答えを教わるなどの行為をしたとき。または、カンニング(カンニングペーパーや参考書、新聞やチラシ等を見る、他の人の解答用紙を見るなど)をしたとき。
6 . 試験中、または試験が終わってから、問題冊子や答案を持ち帰ろうとしたとき、または持ち帰ったとき。
(試験問題や解答を書き写したり、電子機器を使って撮影したり、録音した場合を含む。)
7 . 問題冊子を切り離したとき。
8 . 試験中に、自分で用意したメモ用紙を使ったり、受験票などの机の上に出していいものや受験票の封筒、受験番号シール、机などに書き込みがあったとき。
(試験に関係のない書き込みであっても不正行為と判定されますので、何も書いてはいけません。)
9 . 係員の許可なく試験室を出たとき。
10 . 係員が「解答をはじめてください」という前に問題冊子を開いたり、解答を書き始めたとき。
11 . 係員が「やめてください」といっても解答をやめなかったとき。
12 . 「日本語」の試験で、「記述」の時間に「読解」を解答するなど、他の領域の問題を見たり、解答を行ったとき。
13 . 「日本語」の試験で、「聴読解」「聴解」の説明をしているとき、また練習問題が流れているとき等に、練習問題以外の問題を見たり、解答を行ったとき。
14 . 試験が終わってから、係員が問題冊子、答案を集めて確認する前に試験室を出たとき。
15 . 他の受験者の迷惑となるような行為をしたとき。
(試験会場内外において、チラシ等の宣伝媒体を配布したり、特定の団体への勧誘を行うなどの行為を含む。)
16 . その他、不正な行為をしたと係員が判断したときや、係員の指示に従わなかったとき。
不正行為に使ったもの(メモ用紙やカンニングペーパー等)は、その場で没収し、返却しません。

6. 解答用紙の名前と受験番号

試験の日に配られる解答用紙には、あなたの名前と受験番号が印刷してありますので、解答用紙が配られたら、まず、解答用紙に印刷してある名前及び受験番号が受験票と同じかどうか確かめてください。
もし、解答用紙に印刷してある名前と受験番号が、明らかに自分のものでないときは、すぐに係員に知らせてください。
自分のものでない解答用紙にそのまま解答したり、係員に知らせないで、名前や受験番号を自分で直して解答すると、あなたの解答は採点されません。

7. 試験問題の取り扱いについて

日本留学試験の試験問題は独立行政法人日本学生支援機構の機密情報かつ著作物であり、法令等によって保護されています。許可なく、試験問題の全部または一部を持ち出し、複製、録画、録音、筆写、暗記等により、持ち出し、ウェブサイト等による開示、漏洩、口述、送信等いかなる方法においても第三者に対し伝達することを禁止します。違反した場合は警察に通報する等、法的措置をとることがあります。

ピックアップ

  • 日本留学奨学金
  • 日本留学試験「EJU」
  • ウェブマガジン「留学交流」
  • バナー 日本留学ポータルサイト
  • バナー Facebook