独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)は、独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)及び独立行政法人日本学生支援機構法(平成15年法律第94号)に基づき設立されました。
本機構の目的は、「我が国の大学等において学ぶ学生等に対する適切な修学の環境を整備し、もって次代の社会を担う豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成に資するとともに、国際相互理解の増進に寄与すること」とされています。

JASSOの三事業

奨学金事業

経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し、奨学金の貸与及び給付を行なっています。
学生の多様なニーズに対応した奨学金制度の充実、申請手続の改善、奨学金に関する情報提供の充実、適切な回収を行ない、更なるサービス向上に努めています。

留学生支援事業

外国人留学生及び海外に留学する日本人学生に対する奨学金の給付、各種留学生交流プログラムの実施、日本留学試験等による入学手続きの改善、留学に関する情報の収集・提供等を推進しています。
留学生の戦略的受入れ及びグローバル人材の育成のために、各種事業の充実に努めています。

学生生活支援事業

大学等が行なう各種学生生活支援活動をサポートするために、学生生活支援に関する各種の情報を収集・分析し、提供しています。また、ワークショップやセミナー等を通して大学等の学生サービスの充実を支援します。
政府の政策や大学等のニーズを踏まえて、キャリア教育支援や障害学生支援の充実に努めています。

JASSO概要

JASSO概要2017表紙画像