経営基本理念

 JASSOの2つのS、“Student Services”を我々の活動の原点として、学生がどんなときでも安心して学ぶことができるよう、必要なサービスを提供していくことを組織の目的に掲げ、我が国の将来を担う若者たちの学びと成長を見守っていきます。
 具体的には、奨学金貸与、留学生支援、学生生活支援の3つの支援事業を行い、我が国の学生の学びを支える重要なインフラを提供する学生支援のナショナルセンターとして、次代の社会を担う人材の育成に貢献します。

経営方針

1.学生に対する支援
 我が国における学生支援の中核機関として、学生を取り巻く状況や生活の実態を踏まえ、教育の機会均等を担保する学資の貸与のほか、グローバル化に向けた留学生交流の積極的な支援、多様化するニーズに応じた学生生活の支援等を行い、若者の学びを支えていきます。

2.高等教育機関に対する支援
 意欲のある学生の修学の場として、社会に有為な人材の輩出を担う高等教育機関に対し、今後期待される学びの環境整備を組織的に支援することにより、教育機能の高度化と学校経営の基盤強化を支えていきます。

3.国・大学・企業等との連携・協力
 国・大学・企業等と密接に連携・協力し、それぞれが持つ資源や能力、発想を結集することにより、社会全体で学生の学びを支えると同時に社会が求める人材を育成し得る、より質の高い効果的な学生支援を実現します。

4.学生支援のナショナルセンターとしての機能の充実
 学生支援のナショナルセンターとして、国の関連施策の基礎となる学生生活・学生支援の実態に関する情報収集・分析を充実させるとともに、国全体を通じた課題の把握・分析、先進的な取組の情報提供等を行っていきます。

5.事業の不断の見直しと効率的な経営
 理事長のリーダーシップの下、社会の諸情勢の変化に応じて事業の不断の見直しを行うとともに、独立行政法人としての特性を十分に活用した迅速な意思決定に基づき、適切な経営資源の配分を実施し、効率的な経営を行います。

経営方針

シンボルマークとキャッチフレーズ

シンボルマーク

 上部(グリーン色部分)の図形は、若者が可能性をひらくすがたを翼のかたちであらわしています。
下部(オレンジ色部分)の図形は、若者たちを支援する日本学生支援機構の役割を、“掌”のかたちであらわしています。 この2つの図形が合体してアルファベットの“S”をかたちづくっています。 “S” は、Student Servicesの頭文字の意味です。
 翼のグリーン色は、若者たちが成長していくすこやかさを、掌のオレンジ色は、若者たちを見守る日本学生支援機構の理念と活動の姿勢をあらわしています。

JASSOシンボルマーク

キャッチフレーズ

【日本語】はばたく翼、ささえる掌 
【英語】Catching Dreams - You! Supporting Hands - JASSO!

 日本語は、若者が可能性をひらくすがたをあらわした“翼”と、若者たちを支援する日本学生支援機構の役割を“掌”であらわしたJASSOのシンボルマークを最も効果的に表現するものです。
 英語は、大学等に学ぶ学生等をサポートする中核機関としてのJASSOを適切に表現するためのキーワードをミックスしたものです。