協力機関はJASSOを通じて拠点校をサポートします。
(※協力機関には質問できません。)

筑波技術大学

筑波技術大学

天久保キャンパス
〒305-8520 茨城県つくば市天久保4-3-15
春日キャンパス
〒305-8521 茨城県つくば市春日4-12-7

筑波大学 イメージ

我が国で唯一の聴覚・視覚障害者のための高等教育機関として、個々の学生の障害や特性に配慮しつつ、障害を補償した教育を通じて、幅広い教養と専門的な職業能力を合わせもつ専門職業人を養成し、両障害者の社会的自立と社会貢献できる人材の育成を図るとともに、新しい教育方法を開発し障害者教育の改善に資することを目的としています。障害者高等教育研究支援センターにおいては、他大学で学ぶ聴覚・視覚障害学生の障害補償や情報保障等に関する相談・支援を行なっています。

連載コラム 相談室

連載第8回目は、「聴覚障害学生、視覚障害学生の就労に際して、どのような支援をすればいいのでしょう。」という質問に、筑波技術大学の石田久之先生と石原保志先生にお答えいただきました。
コラムでは、 聴覚障害学生、視覚障害学生のための我が国で唯一の高等教育機関である筑波技術大学での就労支援についてご紹介いただきました。

国立特別支援教育総合研究所

国立特別支援教育総合研究所

〒239-8585
神奈川県横須賀市野比5丁目1番1号

特別支援教育総合研究所 イメージ

我が国唯一の特別支援教育のナショナルセンターとして、国や地方公共団体等と連携・協力しつつ、国の政策的課題や教育現場に柔軟かつ迅速に対応する業務経営を行い、もって障害のある子ども一人一人の教育的ニーズに対応した教育の実現に貢献しています。

連載コラム 相談室

連載第7回目は、「発達障害とはどんな障害ですか?発達障害のある学生はどんなことに困っており、それに対してどんな支援ができるのでしょうか?」という質問に、国立特別支援教育総合研究所の渡辺 哲也先生からお答えいただきました。
コラムでは、 国立特別支援教育総合研究所と日本学生支援機構と共同で進めている 「高等教育機関における発達障害のある学生の支援に関する研究―評価法の開発と教職員への啓発―」について、研究内容をご紹介いただきました。

特別支援教育総合研究所 渡辺先生 近影

国立障害者リハビリテーションセンター

〒359-8555
埼玉県所沢市並木4丁目1番地

国立障害者リハビリセンター 写真

当センターは、障害のある方々に医療・福祉の面から総合的なリハビリテーションサービスを提供するとともに、研究を行い、その成果を全国に発信、普及することにより、障害者の自立生活、社会参加の推進に寄与することを目的としています。

連載コラム 相談室

連載第12回目は、「高次脳機能障害とはどんな障害ですか?高次脳機能障害のある学生はどこで診断でき、どのようなことに困っていますか?」との質問に、国立障害者リハビリテーションセンターの中島八十一先生にお答えいただきました。
コラムでは、高次脳機能障害支援施策の現状と展望についてご紹介いただきました。

中島先生 写真