日本学生支援機構では、法令に基づき、マイナンバー(個人番号)を利用して、奨学金に関する各種手続きに必要な情報等を行政機関間の情報連携により収集します。返還期限猶予願の申請時においても、マイナンバーをご提出いただくことで、これまで手続きに必要だった証明書類の一部をご用意いただく必要がなくなります。

返還期限猶予の制度については、下記をご覧ください。

日本学生支援機構におけるマイナンバーの利用全般については、下記をご覧ください。

マイナンバーの提出が必要な方

返還期限猶予を申請される方のうち、以下のどちらかに当てはまる方についてはマイナンバーの提出をお願いしています。

  • マイナンバーを一度日本学生支援機構へ提出していれば、次回以降マイナンバーを提出する必要はありません。
  • これ以外の方についても順次マイナンバーの利用を拡大していく予定です。詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせします。
  • マイナンバーにより、手続きに必要なすべての証明書類が不要になるわけではありません。マイナンバーを利用しても収集できない情報については、引き続き証明書類の提出をお願いします。

マイナンバー関係の書類の提出方法

「マイナンバーの提出が必要な方」に当てはまる方は、以下の説明をお読みいただき、マイナンバーの提出にご協力をお願いします。

マイナンバー関係書類が同封されている方が返還期限猶予願の申請時にご用意いただく書類

これらの書類を全てまとめて、同封の返信用封筒に入れ、郵便局窓口にて「簡易書留」にて郵送してください。

  • ご提出いただいたマイナンバーは、法令に基づき厳格に管理いたします。