開示請求の手続き・審査基準等

法人文書の開示請求等の手続きの流れ


  • ※1「3.開示請求書の受付」から「5.開示等の決定」までの期間:30日以内
  • ※2「6.開示決定通知書等の受領」から「7.開示実施方法等申出書の提出(開示実施手数料の納付)」までの期間:30日以内
  • ※3「8.法人文書の開示の実施(閲覧・写し等の受領)」から「9.更なる開示の申出」までの期間:30日以内

日本学生支援機構が保有する法人文書の開示決定等に係る審査基準

開示請求等に係る手数料の額

開示請求手数料

開示請求に係る手数料の額は、開示請求に係る法人文書1件につき300円です。
法人文書開示請求書とともに、現金(又は郵送の場合は定額小為替証書)で納付することになります。

法人文書の開示実施手数料

法人文書の開示は、文書の種別や開示の実施方法に応じて行います。

開示実施手数料の減額又は免除

法人文書の開示を受ける方が経済的困難により開示実施手数料を納付できない場合には、開示実施手数料を減額又は免除されることがあります。

開示実施に際しての郵送料

法人文書の開示決定通知を受けて、文書の写しの送付を希望する場合は、送付に必要な費用を郵便切手で納付してください。

法人文書ファイル管理簿

法人文書ファイルとは、「相互に密接な関連を有する法人文書(職員等が職務上作成し、又は取得した文書であって、職員等が組織的に用いるものとして保有しているもの)の集合物」をいいます。

法人文書開示請求書等

  • 給付奨学金の審査請求に関するお問い合わせは、情報公開室では受け付けておりません。
    以下のカテゴリーの「よくあるご質問」をご参照ください。