平成26年度東京国際交流館国際シンポジウム

1.タイトル

グローバル人材育成のために日本語教育が果たす役割

2.趣旨

今回は、近年のグローバル化の進展に伴いグローバル人材の育成が叫ばれる中、先端的なビジネス日本語教育に早くから取り組んでいる武蔵野大学と共催し、中国、韓国、ベトナム、米国等の日本語教育界第一人者であり、武蔵野大学協定校の代表者でもある教職員とともに、グローバル人材育成に日本語教育の果たせる役割について各国の事情と合わせ具体的に議論し提案しました。

3.主催等

(1)主催:独立行政法人日本学生支援機構、武蔵野大学
(2)後援:文部科学省
外務省
独立行政法人 国際交流基金
公益社団法人 日本語教育学会
一般財団法人 日本語教育振興協会
ビジネス日本語研究会

4.開催日時

平成26年12月13日(土曜日)13時30分-17時00分(13時00分開場)

5.会場

東京国際交流館プラザ平成 国際交流会議場
東京都江東区青海2-2-1国際研究交流大学村内
(交通)
ゆりかもめ「船の科学館」東口より 徒歩約3分
りんかい線「東京テレポート」B出口より 徒歩約15分

6.参加申込

申し込み受け付けは終了しました。

7.参加費

無料

8.参加人数

436名

9.プログラム

  • 招聘協定校学生及び武蔵野大学留学生代表による日本語スピーチ大会
  • 基調講演「グローバル人材育成への期待」中小企業庁長官 北川慎介氏
  • パネルディスカッション「グローバル人材育成のために日本語教育が果たす役割」

公益財団法人 中島記念国際交流財団助成事業

バックナンバー
お問い合わせ
独立行政法人 日本学生支援機構 留学生事業部 留学生事業計画課 留学生宿舎管理室
  • 電話 03-5520-6033
  • E-mail tiecproject【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。