令和4年度 学生生活にかかる喫緊の課題に関するセミナー(オンライン開催)

本セミナーは、学生を取り巻く諸問題や大学、短期大学および高等専門学校における学生支援に関する喫緊の課題をテーマとして、具体的な問題事例や課題解決に向けた好事例の紹介等を行うことにより、学生支援の充実を図ることを目的として平成22年度より実施しています。
本年度は「発達障害のある学生の支援:それぞれの未来に開かれた学生生活のためにできること」をテーマとして、開催します。

多くのお申込みをいただき、期限前に定員に達したため、参加登録の受付を終了しました。

セミナーの概要

主催・後援

  • 主催:日本学生支援機構
  • 後援:文部科学省、一般社団法人日本学生相談学会、全国大学メンタルヘルス学会

日時

令和4年12月8日(木曜日)13時30分から16時45分まで
(オンライン開催)

参加対象者

  • 大学、短期大学及び高等専門学校の副学長相当職や部課長相当職などの幹部職員
  • 大学、短期大学及び高等専門学校で学生支援に携わる教職員

定員

950名程度

プログラム・チラシ・実施要項

時間 プログラム・講師等
13時30分 開会挨拶 吉田 真(独立行政法人日本学生支援機構 理事)
13時35分~13時50分 挨拶・行政説明 小栗 孝明 氏(文部科学省高等教育局学生支援課 課長補佐)
13時50分~14時05分 「大学・短期大学及び高等専門学校における障害のある学生の修学支援に関する実態調査(令和3年度)」結果の概要
竹林 敏之(独立行政法人日本学生支援機構 学生生活部副部長)
14時05分~15時05分 基調講演「発達障害のある学生の支援-ライフスキルとソフトスキルの視点から-
【講師】
木谷 秀勝 氏(山口大学 教育学部附属教育実践総合センター 教授・センター長/学生特別支援室 顧問)
<休憩10分>
15時15分~16時45分 パネルディスカッション「学生の困りごと・困り感にどう気づき、どのように学生生活を応援するか
【モデレーター】
舩越 高樹 氏(国立高等専門学校機構本部事務局 特命准教授・学生参事補・障害学生支援スーパーバイザー/京都大学「高等教育アクセシビリティプラットフォーム(HEAP)」アドバイザリーボード/日本学生支援機構客員研究員)
【パネリスト】(取組紹介):
・木谷 岐子 氏(北海道文教大学 人間科学部こども発達学科教授)
・古川 菜穂子 氏(福岡工業大学 学生部学生課 学生相談室カウンセラー)
・徳本 孝之 氏(株式会社Notoカレッジ執行役員/NotoカレッジキャリアセンターNEXTセンター長)
16時45分 閉会挨拶 井上 示恩(独立行政法人日本学生支援機構 学生生活部長)

令和4年度 学生生活にかかる喫緊の課題に関するセミナーチラシ(おもて)

令和4年度 学生生活にかかる喫緊の課題に関するセミナーチラシ(うら)

参加申込について

多くのお申込みをいただき、期限前に定員に達したため参加登録の受付を終了いたしました。

セミナーURL等の通知

参加登録をされた方には、12月6日(火曜日)までにセミナーのURLやアクセス方法等をメールで通知しますので、ご確認ください。

オンデマンド配信(見逃し配信)について

セミナー終了後準備ができ次第、オンデマンド配信(見逃し配信)を行います。
視聴には別途申し込みが必要になります。12月8日より、このウェブサイトにて受付を開始いたします。
※視聴の申し込みには、「実施要項」に記載のIDとパスワード(参加申込用と同じもの)が必要になります。
※セミナー当日の参加申込済みの方につきましては、あらためてお申し込みいただく必要はございません。

お問い合わせ
独立行政法人日本学生支援機構 学生生活部 学生支援企画課 総務企画係
  • 電話 03-5520-6166
  • E-mail gakuseishien【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。