給付奨学金(家計急変)案内等

申込みから採用後の適格認定(家計)までの主な流れは以下のとおりです。

1.申込み

家計急変の事由が発生した場合は、在学している学校に相談のうえ、「給付奨学金案内(家計急変)」等を受け取ってください。
原則として事由が発生してから3か月以内に、必要書類を学校に提出しインターネット(スカラネット)で申込みを行います。
なお、家計急変の事由が進学(進級)前の2020年1月以降、2021年3月以前に発生していた場合は、進学(進級)後3か月以内(2021年6月まで)に申し込む必要があります。

2.マイナンバーの提出

奨学金の申込みにはマイナンバーの提出が必要です。
マイナンバーは、学校を通さず所定の様式によりJASSOへ直接郵送します。
様式と提出方法の詳細については、次のページよりご確認ください。

生計維持者が海外に居住している場合

申込者本人の生計を維持している人(原則父母)が、海外居住している場合は、マイナンバーによる所得の確認ができないため、代用書類を提出する必要があります。
詳細は次のページをご確認ください。

3.推薦

学校が申込者の家計急変事由、事由発生日、申請書類、学業成績・学修意欲を確認し、JASSOに推薦します。

4.選考結果の通知

学校を通じて選考の結果を連絡します。採用となった場合、奨学金の支給が始まります。

5.採用後の適格認定(家計)

家計急変採用後は、3か月ごとに支援区分が見直されます。詳しくは以下のページをご参照ください。

奨学金に関する疑問・質問は
お探しの情報が見つからない場合は