在学採用申込みにおけるマイナンバーの使用

〈大学・短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程に在学中の方〉

マイナちゃん

日本学生支援機構では、奨学金の審査に必要な収入に関する情報等を、マイナンバー(個人番号)を利用した行政機関間の情報連携により収集するため、奨学金の申込みには、申込者本人及び生計維持者のマイナンバーの提出が必要です。


  • ※1大学院の奨学金を申し込む方、貸与奨学金の緊急・応急採用を申し込む方等は、申込時は提出しませんが、採用後に奨学生本人のマイナンバーを提出する必要があります。
  • ※2高等専門学校3年生(または3年生修了後2年以内の方)で、大学等給付奨学金の予約採用を申し込む方は、以下のページを参照してください。

注意点(よくある間違い)

マイナンバーは、スカラネット(インターネット)入力完了後に提出します。

スカラネット入力時は、学校から配付された「マイナンバー提出書」に記載されている「申込ID」と「初期パスワード」の入力が必要ですので、必ずスカラネット入力完了後に、マイナンバーを提出するようにしてください。

申込者本人(学生・生徒)は身元確認書類も必要です。

例年、番号確認書類(申込者本人及び生計維持者全員分)のみ提出し、身元確認書類(申込者本人分)を提出していない方が多くみられますので、日本学生支援機構へ提出する前に、必要な書類がそろっているか、いま一度のご確認をお願いします。

マイナンバー関係以外の書類は、学校に提出します。

目次

マイナンバー(個人番号)の提出が必要な人

奨学金を申し込む本人
生計維持者(原則として父母)

  • 原則としてマイナンバーの提出が必要ですが、生計維持者が海外に長期間滞在している等の事情によりマイナンバーの提出ができない場合は、代替となる書類の提出が必要となりますので、学校に確認してください。

マイナンバー関係の書類の提出方法

1.学校から、「奨学金案内」等とともに「「マイナンバー提出書」のセット」(緑色の封筒)を受け取ります。

「マイナンバー提出書」、「提出用封筒」、「【重要】マイナンバー(個人番号)の提出方法」が入っています。

2023在学採用マイナンバー関係封入用封筒

2.スカラネット(インターネット)から奨学金を申し込みます。

「マイナンバー提出書」に記載されている「申込ID」と「初期パスワード」を使って、スカラネットから奨学金を申し込みます。
「スカラネット入力下書き用紙」を学校に提出し、点検を受けた後、学校から指定された期限までにスカラネットから奨学金を申し込んでください。
「マイナンバー提出書」は、スカラネットから奨学金を申し込んだ後に、日本学生支援機構へ郵送(簡易書留)で提出します。

  • スカラネットから奨学金を申し込む前にマイナンバーを郵送しないようにしてください。

3.「マイナンバー提出書」を作成します。

「【重要】マイナンバー(個人番号)の提出方法」を確認のうえ、作成します。
奨学金を申し込む本人と、生計維持者(原則として父母)の自署が必要です。

2023在学採用マイナンバー提出書(見本)

4.確認書類を用意します。

(用意する確認書類)
奨学金を申し込む本人の番号確認書類身元確認書類
生計維持者(原則として父母)の番号確認書類

用意した確認書類のコピーをカードサイズに切り取り、「マイナンバー提出書」の右側に貼り付けてください。
カードサイズ以外の書類(住民票の写し等)は、貼り付けず、そのまま同封してください。
確認書類の詳細は、「【重要】マイナンバー(個人番号)の提出方法」を確認してください。

なお、不明な点がある場合は、「【重要】マイナンバー(個人番号)の提出方法」に記載されているマイナンバー提出専用コールセンターへお問い合わせください。

  • 身元確認書類の「学生証」を提出する場合は、顔写真付きに限り、1点での提出が認められます。
    ただし、「氏名」及び「生年月日」の記載されたページのコピーが必要です。
  • 身元確認書類(2点のうちの1点)として健康保険証等のコピーを提出する場合は、保険者番号及び被保険者等記号・番号を読み取れないよう塗りつぶして提出してください。

5.「提出用封筒」に入れて、郵便局の窓口から簡易書留で郵送します。

「提出用封筒」に3.「マイナンバー提出書」と4.確認書類を入れて、郵便局の窓口から簡易書留で郵送します。

  • 必ず郵便局の窓口で手続きを行ってください。ポストへの投函や学校への提出はしないようご注意ください。
  • 郵送料はご本人負担となりますのでご了承願います。
  • マイナンバー以外の奨学金申込みに必要な書類は、学校に提出してください。
  • マイナンバー提出にあたり、申込者本人の身元確認書類が同封されていないケースが多くみられますのでご注意ください。

紙の証明書類が必要となる場合

在学採用の選考に必要な収入等の情報は、マイナンバーを利用して取得するため、原則として紙の証明書類を提出いただく必要はありません。ただし、次のような場合は、紙の収入に関する証明書類の提出が必要となります。

  • マイナンバーを提出したが、個別の事情により選考に必要な収入等の情報を取得できなかった場合
  • 個別の事情によりマイナンバーを提出できない場合

収入に関する証明書類の詳細は、学校に確認してください。また、奨学金の申込みについて、マイナンバーの提出以外で不明な点がある場合も、学校に確認してください。

マイナンバーに関するよくあるご質問

マイナンバーに関するよくあるご質問については、以下のページをご確認ください。

マイナンバー提出に関するお問い合わせ先

マイナンバーの提出についてご不明な点がある場合は、以下の専用コールセンターへお問い合わせください。

  • 「提出用封筒」をなくしてしまった。
  • 用意する書類が分からない。
  • 生計維持者が海外に長期間滞在しているのでマイナンバーを受け取っていない。

マイナンバー提出専用コールセンター
電話番号:0570-001-320(ナビダイヤル)

  • 月曜日~金曜日:9時00分~18時00分(土日祝日・年末年始を除く)
  • 通話料がかかりますことをご了承ください。
  • マイナンバーの提出以外のご質問には対応できませんので、在学している学校にご確認ください。

マイナンバーを提出できない場合

奨学金の申込みには、原則としてマイナンバーの提出が必要ですが、生計維持者が海外に長期間滞在している等の事情によりマイナンバーの提出ができない場合は、以下のとおり手続きをしてください。

【「マイナンバー提出書」の記入・提出方法】

マイナンバーが提出できない場合も、必ず「マイナンバー提出書」の提出が必要です。
申込者本人が当該生計維持者欄の氏名・生年月日等を記入し、マイナンバー欄に「○○(海外滞在中等)のため提出できません」と記入して提出してください。
なお、「マイナンバー提出書」は、申込者本人ともう1人のマイナンバーを提出できる生計維持者の確認書類と一緒に、専用の「提出用封筒」に入れて日本学生支援機構に提出してください。

【マイナンバーに代わる提出書類の提出】

マイナンバーを提出できない生計維持者の収入状況を確認するため、「マイナンバーに代わる提出書類(様式)」を作成のうえ、代替となる証明書類を添付して、学校に提出していただく必要があります。

【生計維持者が海外に居住している場合】

海外に居住している生計維持者がいる場合の必要書類等については、以下をご覧ください。

給付奨学金を希望している場合

貸与奨学金を希望している場合

(参考)関係機関リンク