第二種奨学金(海外)予約採用の申込方法

第二種奨学金(海外)予約採用の申込みは、国内の在学校又は卒業校(申込時点で卒業後3年以内の場合)を通じて行います。
ただし、高等学校卒業程度認定試験合格者等、高等専門学校3年次修了(見込)者、海外の大学・大学院卒業(見込)者の予約採用については、 日本学生支援機構への直接申込みとなります。
また、第二種奨学金(海外)予約採用を申込み、選考の結果、「奨学生採用候補者(進学後の奨学金の予約ができた人)」となった人は、進学後に必要な手続きや、「奨学生採用候補者証明書」の発行依頼方法について、下記のページで確認できます。

1.国内の在学校・卒業校を通して申し込む

海外の大学・大学院へ進学(入学又は編入学)を希望している人で、国内の学校(※)に在学中又は卒業後3年以内の場合、奨学金の申込先は、国内の学校になります。
(※)国内の学校とは、高等学校、中等教育学校(後期課程)、特別支援学校(高等部)、専修学校(高等課程)、専修学校(専門課程)、高等専門学校、短期大学、大学、大学院をいいます。

2.個人で機構へ直接申し込む

高等学校卒業程度認定試験合格者等、高等専門学校3年次修了(見込)者、海外の大学・大学院卒業(見込)者の場合、奨学金の申込先は、本機構になります。

3.第二種奨学金(海外)採用候補者のかたへ

第二種奨学金(海外)予約採用を申込み、選考の結果、「奨学生採用候補者(進学後の奨学金の予約ができた人)」となった人は、海外大学・大学院に進学後3か月以内に、下記のページから必要書類を提出してください。
また、「奨学生採用候補者証明書」の発行を希望する人も、下記のページに進んでください。

奨学金に関する疑問・質問は
お探しの情報が見つからない場合は