第68回東京国際交流館交流研究発表会(オンライン)

サムネイル(ジュエンジ フィーリョ イルモアさん)

サムネイル(キム ジュヒョンさん)

サムネイル(べジコ ミハイルさん)

このイベントは、参加者同士の交流の促進と知的ネットワークの形成を目的として実施しています。
東京国際交流館居住者が口頭発表を通して、大学や研究機関で研究している内容について紹介しました。
※今回は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため無観客にて実施し、録画映像を当ページに掲載しています。

1.日時

令和3年1月16日(土曜日)
14時00分~14時55分

2.会場

東京国際交流館プラザ平成3階 国際交流会議場
(東京都江東区青海2-2-1 国際研究交流大学村内)

3.プログラム

1.開会挨拶

日本学生支援機構 留学生事業部 留学生事業計画課長
牧野 良介

開会挨拶

2.口頭発表

(1)ジュエンジ フィーリョ イルモアさん(ブラジル、青山学院大学)

口頭発表(ジュエンジ フィーリョ イルモアさん)

発表タイトル(ジュエンジ フィーリョ イルモアさん)

発表タイトル:Innovation Implementation Effectiveness: the Role of Institutions and Organisational Independency. A Worldwide Customs Administrations Study

コメント: Dear residents, thank you for allocating your time to watch the 68th TIEC Research and Presentation event. We are all part of a community that shares not only the same building. Still, we have quite similar objectives (academic and professional) and equivalent personal feelings (separated from our family or home country). Let this event be an opportunity for us to build bonds that might go beyond an ordinary neighbourhood relation. Please, feel free to make questions, comments and observations about the research or any other subject. Feedback is always welcome, whatever.

(2)キム ジュヒョンさん(韓国、政策研究大学院大学)

口頭発表(キム ジュヒョンさん)

発表タイトル(キム ジュヒョンさん)

発表タイトル:Japan's security contribution vis-a-vis South Korea: from the Korean War to the post-Cold War era

コメント: At the present juncture, South Korea and Japan are at loggerheads. Although there are lots of plausible reasons for such an impasse, a sound relationship between the two is a sine qua non for the peace and security in the Far East region. I thus thought it is worth exploring the modern history of South Korea - Japan security cooperation and find some clues for the current era. It will be a great privilege to share your thoughts on this seemingly unsolvable topic.

(3)べジコ ミハイルさん(ロシア、東京工業大学)

口頭発表(べジコ ミハイルさん)

発表タイトル(べジコ ミハイルさん)

発表タイトル:Study on Resonant Tunneling Diode Terahertz Oscillator

コメント: Dear friends, thank you for your interest in novel electronic technologies and my research field. You are very welcomed at my presentation and do not hesitate to ask me any questions. I believe that this nice event is not only to share our knowledge and experience, but to find new friends as well.

4.質疑応答

発表者へ寄せられた質問とその回答は下記のファイルをご覧ください。
※現在は発表者への質問は受け付けておりません。

良い質問賞

カードイメージ

特に良い質問をした3名の方が良い質問賞を受賞しました。

(1)Lさん(アメリカ、大学院生)
ジュエンジ フィーリョ イルモアさんへの質問:
(仮訳)プレゼンテーションありがとうございます。 あなたのプレゼンテーションでは汚職について最終的な結論が出ていないことはわかりました。 しかし、特に低中所得国でイノベーションが拡大できない主な理由は汚職であると一般的に言われています。 あなたの研究と経験に基づいて、イノベーションに向けたそのような悪い慣行を抑制する方法は何だと思いますか? たとえば、行政の負担を軽減することは、たとえそれがイノベーションを促進するとしても、より多くの汚職を助長するのでしょうか?

ジュエンジ フィーリョ イルモアさんからの回答:
(仮訳)ご質問ありがとうございます。 汚職はイノベーションの実現を妨げる原因の1つであるという共通の確信があるため、あなたが述べたように、汚職をモデルに追加してその影響をテストすることにしました。 ただし、税関イノベーション実現の効果に関する結果は、汚職が重要な役割を果たしていないことを示しています(この特定のプロセスでは、それは注意すべき重要なことです)。 特に、手続きを簡素化することによる規制負担の軽減は、管理の過程が複雑になるほど悪質なエージェントが違法行為を行う機会を増やすため、汚職の減少の一因となると考えます。
さらに、当然ながらイノベーション自体の実現は、特に手順を自動化し、人と人とのやりとりを減らすものであり、汚職はエージェントと納税者の接触に直接的に付随する違法な取り組みであるため、汚職の削減の一因となる可能性があります。

(2)匿名希望さん(日本、会社員・公務員(役員含む))
キム ジュヒョンさんへの質問:
(原文)プレゼンテーションありがとうございます。一つ質問ですが、今後、米中の対立により、韓国と日本の関係はどのように変化すると思いますか?

キム ジュヒョンさんからの回答:
(仮訳)それは米国と中国の間の対立のレベルによると思います。対立の種類は、経済的報復から領土問題に関する武力紛争に至るまで、複数のシナリオで構成されています。紛争の程度が比較的深刻でない場合(米国と中国の間の経済的利益の衝突)、韓国と日本はG2諸国を等距離に置き、経済への悪影響を最小限に抑えようとします。その過程で、韓国と日本の関係は現在のコースから逸脱することはないでしょう。しかし、米国が中国との釣魚島/尖閣諸島や台湾といった領土問題に関与したり、SLOC(海上交通路)を妨げる海軍による小衝突があった場合、韓国と日本は味方しなければなりません。最近の動向を考えると、日本は(インド太平洋戦略に沿って)米国を支援する可能性がありますが、韓国は明確な姿勢をとることにそれほど積極的ではありません。そのような不一致は、韓国と日本の間にさらなる亀裂を生じさせる可能性があります。
一言で言えば、G2間の対立が武力的紛争にエスカレートすればするほど、日韓関係はさらに疎遠になる可能性が高いです。

(3)匿名希望さん(日本、会社員・公務員(役員含む))
ベジコ ミハイルさんへの質問:
(仮訳)私の質問は技術的なこととは関係がないので、質問として適しているかわかりませんが、以下の通りです。
プレゼンテーションの2ページ目のグラフによると、2000年に3G、2010年に4G、2020年に5Gのように、10年ごとに新世代のテクノロジーが登場しています。 また、2030年には6Gが登場することも期待されています。今後も10年ごとにさらなる技術が登場すると思いますか?
そして、人々が7Gでできることはどのようなことが期待されていますか?

ベジコ ミハイルさんからの回答:
(仮訳)ご質問ありがとうございます。 はい、私は新しいテクノロジー世代が10年ごとに出現し続けると信じています。 また、私達にとって必要となる分野では技術が進歩すると思います。 たとえば、5Gテクノロジーは、携帯電話における現在および近い将来の通信速度のニーズをすでにカバーしています。 したがって、おそらく次世代のモバイルネットワークは、最大通信速度ではなく、ネットワークの安定性とセキュリティを向上させるでしょう。

5.視聴費

無料
※どなたでもご視聴いただけます。

6.使用言語

日本語及び英語(オリジナル音声及び日英同時通訳音声)

バックナンバー
お問い合わせ先
独立行政法人 日本学生支援機構 留学生事業部 留学生事業計画課
  • 電話 03-5520-6012
  • E-mail tiecproject【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。