令和4年度障害学生支援理解・啓発セミナー

障害者差別解消法の一部改正により、私立大学等での合理的配慮が2年以内に義務化されます。日本学生支援機構では、障害のある学生が在籍しない学校や、障害学生支援を始めて担当する教職員、管理者を対象としたセミナーを実施し、障害学生支援の理解・啓発を図ります。
今年度のセミナーの事例紹介については、各学校の障害学生支援の学内体制の構築に関する取組の紹介を予定しております。

12月23日(金曜日)の配信開始を予定しております。(配信日は変更となる場合があります。)

配信内容

映像内資料の一部の掲載を予定しております。
掲載資料は著作権により保護されています。各掲載資料の著作権は資料作成者に帰属し、日本学生支援機構は資料作成者の利用許諾に基づき掲載しております。著作者に無断で掲載資料の転載、二次利用を行うことは禁じられています。また、参考文献、引用部分については出典元に著作権が帰属します。

主催者挨拶

井上 示恩(独立行政法人日本学生支援機構 学生生活部長)

文部科学省 行政説明

日本学生支援機構 学生生活部 事業概要説明

基調講演
「改正障害者差別解消法施行による私立大学における合理的配慮提供義務化に向けて」

事例紹介1

事例紹介2

事例紹介3

お問い合わせ
独立行政法人日本学生支援機構 学生生活部 障害学生支援課
  • 住所 〒135-8630 東京都江東区青海2-2-1
  • 電話 03-5520-6173
  • FAX 03-5520-6051
  • E-mail tokubetsushien【@】jasso.go.jp
  • メールを送る際は@の前後の【】を取ってご利用ください。