独立行政法人日本学生支援機構のサイトです。

「奨学金」カテゴリのコンテンツです。

ここからヘッダーです。サイトタイトルや閲覧に役立つ補助的機能を含むリージョンです。

令和2年度以降採用の給付奨学金と併せて受ける場合の貸与月額

令和2年度から始まる新しい給付奨学金と併せて第一種奨学金の貸与を受ける場合、併給調整として貸与を受けられる月額の上限額が制限されます。併給調整後の貸与月額は、昼間部と夜間部で次のとおり異なります。

※1 通信教育の課程については、学校の奨学金窓口にお問い合わせください。
※2 海外留学のための第一種奨学金については、下記の貸与月額と同じです。
※3 大学院については、新しい給付奨学金対象外のため、貸与月額の調整はありません。

1.大学

【通常の月額(単位:円)】
区分 自宅 自宅外
国公立 20,000、30,000、45,000 20,000、30,000、40,000、51,000
私立 20,000、30,000、40,000、54,000 20,000、30,000、40,000、50,000、64,000
自宅外通学の場合は、自宅通学の月額も選択できます。
申込時の家計収入が一定額以上の方は、各区分の最高月額以外の月額から選択することになります。
【調整後の貸与月額(昼間部)(単位:円)】※令和2年度から始まる新しい給付奨学金受給中の場合の貸与月額
※下表【調整後の貸与月額(昼間部)】には昼夜課程も含みます。
区分 第1区分 第2区分 第3区分
国公立 自宅 0
(0)
0
(0)
20,300
(25,000)
自宅外 0 0 13,800
私立 自宅 0
(0)
0
(0)
21,700
(20,000、30,300)
自宅外 0 0 19,200
【調整後の貸与月額(夜間部)(単位:円)】※令和2年度から始まる新しい給付奨学金受給中の場合の貸与月額
区分 第1区分 第2区分 第3区分
国公立 自宅 0
(0)
10,600
(13,900)
27,700
(20,000、32,400)
自宅外 0 0 21,200
私立 自宅 0
(0)
8,400
(15,600)
20,000、31,200
(20,000、39,800)
自宅外 0 0 28,700
親と同居している生活保護世帯の人、児童養護施設等から通学する人は、()内の金額となります。
調整後の貸与月額表において、20,000円の設定は平成30年度以降入学者が選択できる月額であり、平成29年度以前入学者は20,000円を選ぶことはできません。

第1区分から第3区分のどれに該当するかについては、次の「申込資格・選考基準(2020年度進学予定者)」ページの(2)家計基準(収入基準・資産基準)「ア.収入基準」をご確認ください。

2.短期大学

【通常の月額(単位:円)】
区分 自宅 自宅外
国公立 20,000、30,000、45,000 20,000、30,000、40,000、51,000
私立 20,000、30,000、40,000、53,000 20,000、30,000、40,000、50,000、60,000
自宅外通学の場合は、自宅通学の月額も選択できます。
申込時の家計収入が一定額以上の方は、各区分の最高月額以外の月額から選択することになります。
【調整後の貸与月額(昼間部)(単位:円)】※令和2年度から始まる新しい給付奨学金受給中の場合の貸与月額
区分 第1区分 第2区分 第3区分
国公立 自宅 0
(0)
3,800
(7,100)
24,300
(29,000)
自宅外 0 0 17,800
私立 自宅 0
(0)
0
(0)
22,900
(28,500)
自宅外 0 0 17,400
【調整後の貸与月額(夜間部)(単位:円)】※令和2年度から始まる新しい給付奨学金受給中の場合の貸与月額
区分 第1区分 第2区分 第3区分
国公立 自宅 0
(1,400)
14,600
(17,900)
29,700
(20,000、34,400)
自宅外 0 0 23,200
私立 自宅 0
(0)
7,400
(11,600)
20,000、30,200
(20,000、35,800)
自宅外 0 0 24,700
親と同居している生活保護世帯の人、児童養護施設等から通学する人は、()内の金額となります。
調整後の貸与月額表において、20,000円の設定は平成30年度以降入学者が選択できる月額であり、平成29年度以前入学者は20,000円を選ぶことはできません。

第1区分から第3区分のどれに該当するかについては、次の「申込資格・選考基準(2020年度進学予定者)」ページの(2)家計基準(収入基準・資産基準)「ア.収入基準」をご確認ください。

3.高等専門学校

【通常の月額(単位:円)】
区分 自宅 自宅外
国公立 本科1~3年生 10,000、21,000 10,000、22,500
本科4・5年生、専攻科 20,000、30,000、45,000 20,000、30,000、40,000、51,000
私立 本科1~3年生 10,000、32,000 10,000、35,000
本科4・5年生、専攻科 20,000、30,000、40,000、53,000 20,000、30,000、40,000、50,000、60,000
自宅外通学の場合は、自宅通学の月額も選択できます。
本科4,5年生及び専攻科においては、申込時の家計収入が一定額以上の方は、各区分の最高月額以外の月額から選択することになります。
【調整後の貸与月額(単位:円)】※新しい給付奨学金受給中の場合の貸与月額
区分 第1区分 第2区分 第3区分
国公立 自宅 7,900
(5,600)
20,200
(20,700)
20,000、32,500
(20,000、35,800)
自宅外 0 15,100 20,000、33,000
私立 自宅 0
(0)
0
(0)
24,600
(28,800)
自宅外 0 0 26,000
親と同居している生活保護世帯の人、児童養護施設等から通学する人は、()内の金額となります。
調整後の貸与月額表において、20,000円の設定は平成30年度以降入学者が選択できる月額であり、平成29年度以前入学者は20,000円を選ぶことはできません。
本科1~3年生については、新しい給付奨学金の対象外のため、【調整後の貸与月額】は適用されません。

第1区分から第3区分のどれに該当するかについては、次の「申込資格・選考基準(2020年度進学予定者)」ページの(2)家計基準(収入基準・資産基準)「ア.収入基準」をご確認ください。

4.専修学校(専門課程)

【通常の月額(単位:円)】
区分 自宅 自宅外
国公立 20,000、30,000、45,000 20,000、30,000、40,000、51,000
私立 20,000、30,000、40,000、53,000 20,000、30,000、40,000、50,000、60,000
自宅外通学の場合は、自宅通学の月額も選択できます。
申込時の家計収入が一定額以上の方は、各区分の最高月額以外の月額から選択することになります。
【調整後の貸与月額(昼間部)(単位:円)】※令和2年度から始まる新しい給付奨学金受給中の場合の貸与月額
区分 第1区分 第2区分 第3区分
国公立 自宅 1,900
(3,800)
16,200
(19,500)
20,000、30,500
(20,000、35,200)
自宅外 0 0 24,000
私立 自宅 0
(0)
0
(0)
23,800
(29,400)
自宅外 0 0 18,300
【調整後の貸与月額(夜間部)(単位:円)】※令和2年度から始まる新しい給付奨学金受給中の場合の貸与月額
区分 第1区分 第2区分 第3区分
国公立 自宅 8,800
(10,700)
20,800
(24,100)
20,000、32,800
(20,000、37,500)
自宅外 0 1,800 26,300
私立 自宅 0
(0)
5,700
(9,900)
29,300
(20,000、34,900)
自宅外 0 0 23,800
親と同居している生活保護世帯の人、児童養護施設等から通学する人は、()内の金額となります。
調整後の貸与月額表において、20,000円の設定は平成30年度以降入学者が選択できる月額であり、平成29年度以前入学者は20,000円を選ぶことはできません。

第1区分から第3区分のどれに該当するかについては、次の「申込資格・選考基準(2020年度進学予定者)」ページの(2)家計基準(収入基準・資産基準)「ア.収入基準」をご確認ください。

ピックアップ

  • 進学資金シミュレーター
  • 奨学金貸与・返還シミュレーション
  • スカラネットパーソナル
  • モバイルサイト