成績の公表

2021年度から、国内での出願はオンラインのみの出願となり、受験者全員がオンライン上で成績の確認ができ、「成績確認書」という形で印刷できるようになりました。そのため、従来、郵便で発送していた成績通知書は廃止いたしました。
国外受験者についても、出願後にマイページを作成することにより、オンライン上で成績の確認及び「成績確認書」の印刷が可能となりましたが、国外受験者については、当面の間、引き続き成績通知書を発送いたします。

日本国内の試験会場で受験された方

1. 受験者への成績公表

試験の成績は、次の日にち(予定)に発表します。

第1回(6月実施分) : 2022年7月27日(水曜日) 
第2回(11月実施分): 2022年12月23日(金曜日)

成績は、EJUオンラインのマイページを通じて確認できます。

個人のマイページを持っていて、マイページから受験の申し込み(出願)をした以下の受験者は、「出願・成績確認ページ」のマイページにログインした後に、オンライン上で成績の確認及び「成績確認書」の印刷ができます。

  • 個人出願した受験者本人
  • 団体出願した受験者本人(個人出願集約方式)

個人のマイページを経由して出願しなかった以下の場合についても、出願後に「成績確認専用ページ」にてマイページを作成することにより、オンライン上で成績の確認及び「成績確認書」の印刷ができます。

  • 団体出願した受験者本人(一括登録方式)
  • 郵送により出願した受験者本人
  • 2022年度より団体担当者もマイページから受験者の成績を確認することができます。(出願時に受験者全員の承諾を得る必要があります。)
  • 成績確認できるのは、有効期間内(2年間)の成績のみです。ただし、団体担当者が確認できるのは2022年度第1回以降の成績に限ります。
  • 従来、郵送で発送していた成績通知書は廃止いたしました。

2. 大学等からの成績照会

大学等からの成績照会は、つぎのような方法で行います。

(1) あなたが大学等へ願書を提出する際、日本留学試験の受験番号、アルファベット表記の名前、生年月日など大学等が必要とする事項を、大学等の出願書類に書いてください。
なお、あなたが、第1回(6月実施分)と第2回(11月実施分)の両方の試験を受験する場合、大学等の出願書類には、どちらか一方の回を選んで、その回の受験番号を記入してください。
「日本語」は第1回の成績、「総合科目」は第2回の成績というように、科目ごとに異なる回の成績を大学等へ提供することはできませんので、注意してください。

(2) 大学等によっては、願書を提出する際、日本留学試験の受験票のコピーを必要とする場合がありますので、大学等の入学手続きが完了するまで受験票をなくさないように、大切に保管してください

(3) あなたが願書を提出した大学等から日本学生支援機構に対して、あなたの成績の照会があります。

(4) 日本学生支援機構は、大学等に対して、あなたの成績を提供します。 また、「日本語」の受験者については、成績とともに、記述試験の答案の写しも大学等に提供します。

3. 成績の内容に関する質問

日本学生支援機構では、あなたの成績の内容に関する質問や疑問には、原則としてお答えすることはできません。 また、試験が終わった後、あなたの解答用紙をあなたに見せたり、返したりすることはできません。

日本国外の試験会場で受験された方

1. 受験者への成績通知

成績は、次の日に、日本学生支援機構から各実施都市の実施協力機関に送ります。

第1回(6月実施分):2022年7月27日(水曜日) 
第2回(11月実施分):2022年12月23日(金曜日)

各実施都市の実施協力機関は、成績通知書を受領次第、あなたが願書に書いた住所に送るか、または、実施協力機関で交付します。

成績通知書は、三つ折した圧着式ハガキ(はがすと中が見えるハガキ)となっています。

成績通知書(見本)

成績通知書は、再発行しません。

なお、日本国外の受験者についても、2021年度から、出願後にEJUオンラインの「成績確認専用ページ」にてマイページを作成することにより、オンライン上で成績の確認及び「成績確認書」の印刷ができます。

  • 成績確認できるのは、有効期間内(2年間)の成績のみです。

2. 成績通知書が届かないとき

下記時期を過ぎても成績通知書が届かないときは、実施協力機関に問い合わせてください。

第1回(6月実施分):2022年8月上旬
第2回(11月実施分):2023年1月上旬

3. 大学等からの成績照会

大学等からの成績照会は、つぎのような方法で行います。

(1) あなたが大学等へ願書を提出する際、日本留学試験の受験番号、アルファベット表記の名前、生年月日など大学等が必要とする事項を、大学等の出願書類に書いてください。
なお、あなたが、第1回(6月実施分)と第2回(11月実施分)の両方の試験を受験する場合、大学等の出願書類には、どちらか一方の回を選んで、その回の受験番号を記入してください。
「日本語」は第1回の成績、「総合科目」は第2回の成績というように、科目ごとに異なる回の成績を大学等へ提供することはできませんので、注意してください。

(2) 大学等によっては、願書を提出する際、日本留学試験の受験票のコピーを必要とする場合がありますので、大学等の入学手続きが完了するまで受験票をなくさないように、大切に保管してください

(3) あなたが願書を提出した大学等から日本学生支援機構に対して、あなたの成績の照会があります。

(4) 日本学生支援機構は、大学等に対して、あなたの成績を提供します。 また、「日本語」の受験者については、成績とともに、記述試験の答案の写しも大学等に提供します。

4. 成績の内容に関する質問

日本学生支援機構では、あなたに通知した成績の内容に関する質問や疑問には、原則としてお答えすることはできません。 また、試験が終わった後、あなたの解答用紙をあなたに見せたり、返したりすることはできません。